2015年 9月 27日

がんじがらめの思考からのビジョン

カテゴリー: 経営者向けコーチング

昨日、
知り合いの経営者さんが
「旅に出ます。さがさないでね。」と
置手紙ならぬ置きメッセージをくれた。

どうぞ 存分に♪ と思うばかりでしたが

わざわざ伝えてくれたのは
寂しがり屋さんだから かな?(笑)

508バーマス4

それはさておき

私、思いますに
経営者さんはこのくらい自由な方がいいですね。
というか 経営者さんは自由でないといけない。
と思うのです。

-------
思考と行動において
自由でないといけない。
-------

雇われている人とは
違うレベルでの自由度が必要とされます。

もう一度言います。

-------
経営者さんは
思考と行動において
自由でないといけない。
-------

私に言わせたら、それは権利でなく義務です。

多いなあ と思っているのが
がんじがらめの思考で未来を生み出そうとしている経営者さん。

がんじがらめの思考から出てくるビションに
人が魅力を感じ、それを実現しようとするとは全く思えませんから。

こんなこと書いちゃうと

でも、自由に好きなことする時間なんてありませんよ。
でも、人・もの・金、全て制限だらけの現実ではありませんか?
自由になんて、できっこありませんよ。

こんなこと書くとこのように
数々の反論が聞こえてきそうです。

それをしたくなるその気持ちが、ボトルネックなのです。

??? ですか?

私は
経営者さんは
思考と行動において
自由でないといけない と書きましたが
ただそれだけですよ。

しいて言えば
がんじがらめの思考からのビジョンが
たくさんの人の賛同を得え、たくさんの人の幸せに貢献するという
信条をお持ちならば
この方は反論するに最適な方です。

それ以外の方は
思考と行動において
自由だったら何が問題でしょうか?

経営者さんが
がんじがらめの思考を解いて
本当に大切なことに自由に想像性と創造性を発揮し
心を皆で満たせる社会を創ることが
求められている時代です。

どうか、まずはご自身を解放して差し上げてください。

あなたが思っている以上に
スタッフさんたちは
あなたの状態に心を留めています。
あなたに関心を向けています。
あなたの健康を願っています。

まずは
自分の思考に枠を設けず
軽やかで自由な思考に馴染んでください。

誰もあなたの創造力にストップを
かけられる人はいませんから。

あの旅に出ると言っていた経営者さん
素敵なお土産話、
持ってきてくださると嬉しいな!

ひさみ

コメント(0)

2015年 9月 25日

まるっとチェンジ! 

カテゴリー: 未分類

秋風が気持ちいい頃ですね。
夏が終わって拗ねている方もいらっしゃる
今日この頃のようですが

私は順番順番に収穫の時期を迎え
そして、余分なものが削ぎ落とされていく
シンプルになるそんな秋の頃もいいなあと感じております。

この夏はですね
お二人のプロの方の手を借りて
組織研修のビジネスパートナーの矢野圭夏さんと
共創ぐるぐる会議の活動について
整理し、純度を高めておりました。

私たちは何のために
何を取り組みたいのか?

2012年春から
ひとつ一つの研修が入る毎に


コミュニケーションは教えるものなのか?
仕事は大人にとって何なのか?
職場の仲間とはどんな関係が健全か?
創造的な職場はどうやると創られるのか?
リーダーの役割とは何だろう?
退職の日はどんな日が理想だろうか?

などなど

あれこれ考え実行してきたことの
集大成のために整理し始めたのですが

やっぱり私たちは
美しい仕事を愉しむ大人がわんさかいる社会の
実現に貢献したい!という結論にいたり

思いがけずも
新しいユニット名も創られ
新しいロゴも降ろされ
新しいWebサイトは11月オープン予定ですが

共創ぐるぐる会議を伸びゆく組織に届ける会

から まるっとチェンジ♪ で

人材育成コンサルティングファーム BI:sion(ビジョン)
~ しごと愉快に美しく。~

に生まれ変わりました。
11951371_921466897933710_86052198194741340_n
そんな組織づくりをしたい会社さんは
遠慮なくお声かけください。
そして、早速の告知ですが♪
来月20日に、
求人でお困りの事業所の方に向けての
セミナーの場を計画しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://gurugurukaigi.jimdo.com/

ひさみ

コメント(0)

2015年 9月 01日

お引越し2015秋 

カテゴリー: つれづれ日記

眠っていた鹿児島県人を呼び覚ますような
強い台風が過ぎ去った後

すっかり秋めいた空気感になって参りました。
近づく収穫の秋、楽しみな季節です。

さて、
タイトルのお引越し2015秋についてです

お引越しと言っても
同じビル内の移動なのですが

9月1日から
711号室(セブンイレブン部屋と呼んでおります) です。

諸々起こった変化に合わせて
最適なお部屋へ。

※ 2015年2月からお世話になった603号室
ありがとうね。
11953019_923887361003688_5731009518180837819_n

改めまして
892-0842
鹿児島市東千石町5-12 キューブビル711号室 

です。

城山の緑が見えるようになりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

11954639_924276200964804_8351870550606795722_n

ひさみ 

コメント(0)

2015年 8月 14日

決める 

カテゴリー: 出逢い日記

11822653_913866862005738_378135770772798544_n

 

“あなたが信じるものを
誰かに決めさせてはいけないわ”

SKYWARD・2015年7月号 p.63 西加奈子特殊記事より

ーー

7月に東京に行ったときのJALの機内誌に
小説家・に西加奈子さんの特集があった。

その中に
彼女の小説『サラバ!』の中の登場人物
貴子が語った言葉として紹介されていた。

ーー
昨日は、午後いっぱい
クライアントさんの”自分の世界を”表現する方法を
構築するためのお手伝いをしていて

そして
昨夜お風呂にザブンと浸かったときに
ふと思い出した言葉。

自分が信じるものを
誰かに決めてもらってばかりいても
それを優先させる生き方ばかりしていても
人は”幸せ”な人生は送れると思う。

でも・・ と言いたい気持ち。

私は飛行機の中で
この言葉に出逢い

何かがズシンと腹に響き
窓の向こうの青空を見ながら
涙を滲ませてしまった。

お陰様で
自分が信じるものを
自分で決められる環境を頂いている現実。
感謝が溢れた。

ーー

昨日、午後いっぱい
自分が信じる世界に向き合ったクライアントさんは
とても輝いておられましたの。

未来に種まきをする姿は
頼もしさを感じさせてくれました。

あなたが信じると決めた世界は
きっと誰かが求めている世界。

357e40a92a488605e422bf763adf3b6c-480x320

急がず
焦らず
近道せず (← これは、やねだんの教え!)

じっくり向き合っていこうね。
ひさみ

 

コメント(0)

2015年 7月 24日

ネクストステージですね 

カテゴリー: cosmic-vision

昨日の夕焼けはそれはそれは綺麗でした。

”お月様”と”時間”について学びたいという方のために
プライベート講座を開いた夕方の夕焼け。

30分弱、空の映りゆく姿を、受講生と
のんびりと、そして盛り上がりながら眺めておりました。

宇宙が、先生。
受講生と私、先生の姿に魅了される生きもの。

そんな時間を過ごしました。

ーー

人は行き詰ると海を見に行ったり、
山に出かけたり
自然と自然に触れに行くものですね。

そこにはきっと
人間の世界では、見落としてしまいがちな
とても本質的なメッセージと出会える機会だと
自然と知っている生き物だからなのでしょうね。

img_1
ーー


受講生からの講座後のご感想です。

感じるままに書きます。
セミナーを受ける前は、とてもきゅうくつな感じでしたが、空のこと、太陽のこと
地球のこと、月のこと、話しをきいて感じることで、なんだかあったかい感じに
変わりました。
毎日をもっと感じる。 感じる自分になりました ^0^ 
ありがとうございました!! 

ーー

人が行き詰っている状態の特徴は

次の展開を促す方法が、自分の中に見当たらなくなっている時
次の展開を促す方法を、その選択肢を増やせなくなっている時

それを打破するのに
太陽や月の視点や振る舞いを
その状況に取りいれてみるという方法はとても役立ちます。
そして
それが自然にできる人に自ら進化できていったら
もうお抱えコーチなんかは要らないのです(笑)

コーチの役目は
凝り固まった視点を変えるように促すこと
自由自在な時間軸で物事を考えるように促すこと
動きを生み出すエネルギー源をより満たされるところに繋ぎ変えること

宇宙がコーチであれば、これ以上素敵なことはないのです。

ーー 

感じる力を 我が物にして
ネクストステージに向かわれる姿
愛おしくてたまりませんでした。

時間を味方にする生き方 伝わったようでした。

素敵に変容される時間をご一緒できて
本当に嬉しい時間でした。

ありがとうございました。

ひさみ

コメント(0)

2015年 7月 08日

オリジナルメッセージで生きる

カテゴリー: NLPの視点から

久々の投稿です。

先週お会いした方が、ブログ読んでますって言ってくださって
私、書きたいら材料だけ集めるのではなく
文字にしてお届けせねば と気持ちを高めたところです。

と言っても、それから早一週間過ぎました。
時間は常に流れていますね。

ーー

タイトルの「オリジナルメッセージで生きる」について

今、白石いづみさんのプレゼンテーション講座にご参加された方で
更に自分のメッセージを創り上げたいと思われる方と一緒に
5分間のオリジナルプレゼンテーションを構築することやっています。

彼女の講座に参加されて
どんどん どんどん 自分らしい表現を身につけている参加者の方の姿から
やっぱりこういう生き方は素敵だな と感じているところです。

なぜ、私がそんな風に感じるのかを探ってみました。

すると、ある一つの体験を思い出しました。

それは、2年半前の父の葬儀のときのことです。

喪主は、母でした。
斎場の方との葬儀の打合せの時
では・・ 弔辞は・・ という話になったとき
母は頑として「あたしはそげなたしやならん(←私はそんなことはできない)」
とその主張を全く覆す様子はありませんでした。

家族みんなが私の方を一斉に見ました。
まっ 私、長女ですから その役目もあります。
だから、しない訳にはいかないな と思いました。

だから 受け入れました。
父という人物に関係してくださった方へ
お礼を伝えられるのはこの場しかない とも思いましたから。

 

そして
斎場の方が持ってきてくれたサンプルメッセージを見ました。
家族もそれを読む係が私 という風に位置づけようとしていました。

「早口にならずにゆっくり読むんだよ」 とか
「大きな声でね」とか
様々な”アドバイザー”がそこに誕生していました。

うーん・・・(私の心の音)

うーん・・・(更なる私の心の音)

「これ 読まないよ 私。」

えっ・・・・ (家族一同+斎場の係の方)

 

「ちゃんとお礼を伝えるけど、このメッセージは読まないよ。」

不安げな顔々 (家族一同+斎場の係の方)

・・

(だって 必要なことは御礼をしっかり伝えることだし
あのサンプルメッセージでは、伝え足りないことばかりだもん!
その時感じていることを言葉にする練習、ずっとしてきているもの)

・・・

そして迎えた当日

弔辞で気持ちと御礼を伝え終わると
葬儀に参列してくださった皆さんも
一緒に父の死を心から悲しんでくれて
家族一同ととも泣いてくれていました。
たくさんの涙が見えました。

・・
父ちゃんという人は、こんな人だったんだなあ

娘は、またひとつ学びました。

この瞬間のために
今までの私のコミュニケーションに関する
全ての学びはあったのだな

と心から思いました。

そして 同時に学んできて良かったなあ と
後悔が一ミリもない気持ちが胸に広がりました。

ーー

きっと私も、トレーニングで
表現の幅を身につけていなかったら
「サンプルメッセージ」を伝えるスタイルだったのでしょう。

でも
自分なりに自分の思いを表現できる力を発揮しながら
「オリジナルメッセージ」で生きるスタイルに移行できていて
本当に良かったと思えた瞬間でした。

ですので、参加者の方の
オリジナルの5分間プレゼンテーション構築をお手伝いできること
嬉しくてたまらないお仕事です。

世の中にまだ表明されていない、オリジナルの言葉たち!

ちょっと未来の発表会の時に
広がる満足げな笑顔に
出会えること楽しみでなりません。

ひさみ

コメント(0)

2015年 5月 19日

人を支援する力を蓄える「NLPコーチング」1日講座

カテゴリー: NLPの視点から

菊池龍全トレーナーを鹿児島にお呼びして

人を支援する力を蓄える「NLPコーチング」1日講座
を7月4日に開催いたします。

【こんな方のための一日です】

□ 人を支援する力について深めたい人
□ コーチングとNLPコーチングの違いを知りたい人□ NLPコーチングの効果を体験したい人
□ マインドフルネスNLPに興味がある人
□ 龍全トレーナーが指導するNLPに興味がある人
□ NLPの学びを深め、より応用力を高めたい人
□ NLPコーチングに関心がある初心者の方

【こんな職業の方に役立つことを想定しています】

人事・総務ご担当者、意思・看護師・保健師・カウンセラー・弁護士・教員
福祉相談員・警察官・窓口担当者・薬剤師・講師・社労士・経営者など

7月4日 (土曜日) 10時ー17時

宝山ホール第五会議室
参加費 10000円(税込)

【トレーナー紹介】

菊池龍全NLPトレーナー

いのちを耀かすマインドフルネスNLPトレーナー・ビジネスコンサルタント
NLPリーダーズコーチング株式会社 代表取締役

高野山大学スピリチャルケア学科出身
日本一の成長率を記録(フランチャイズ事業)した企業で、マーケティング・
新規事業開発・教育などを担当、全国のマネージャー・経営者へのトレー
ニング・コーチング経験を経て、2006年にNLPトレーナー・ビジネスコンサ
ルタントとして独立。

幅広いビジネスの現場で実務経験を活かしたレクチャーに加え、NLPと
マインドフルネスのメソッドを融合した独自手法『マインドフルネスNLP』
を開発。魂の目的を人生やビジネスの現場で実現する独自のNLPコー
チングを展開。

特に、医療・教育関係を中心とした対人援助者の指導に力を注ぎ、NLP
国際認定講座を全国で開催。効果製の高さから紹介・口コミでの参加が9割
に上り、開講数は国内トップクラスの通算50期超。排出した有資格者は600
名以上、コーチングトレーニング実績4000名以上。

幸せな人々が生きる国、子どもたちが幸せに成長できる国・世界を創ること
をビジョンに掲げ活動している。

ーー

日時 2015年7月4日(土) 10:00-17:00

場所 宝山ホール鹿児島第五会議室

参加費 10,000円(税込み)

クレジットカード決済は窓口はこちら

定員 24名

持ってくるもの 筆記用具

ーー

※基本を大切に、シンプルなスキルを丁寧に練習していきますので、NLPは
初めて! あるいはかなり久々!という方も、安心してご参加いただける設計
にしております。

※講座の冒頭から大切なことを伝え始めます。5分前には会場にお越しください。

コメント(0)

2015年 5月 19日

記念撮影付き職業訓練クラス♪ 

20150422shoninshakenshu

20150422shohinnshakenshu2
昨日は
もうかれこれ5年くらいご縁をいただいている
職業訓練のコミュニケーション講座の一日でした。

この春の介護職員初任者研修クラスの皆さんと
一日の最後に、生徒さんからの発案で
記念撮影をしていただきました。

昨日のテーマは
自己理解を深めながら
自分の持てるコミュニケーション力を
仲間とあれこれチャレンジしながら伸ばす一日です。

基本的にそんなに教えるものは無く
自分の中に育むことを目的としています。

なので
自分の体で感じたことを、意識に上らせ言葉にし
シェアし、更に色んな人の意見を知っていきながら
自分の頭で考え実行するトレーニングを行います。

6時間 色々と体験しました。

1、コミュニケーションのベースを承認と感謝にした場合の
対話(聴く・話す)の体験

2.パーソナルスペースと名づけられているものの体験と
それを介護の現場で対人支援者としてどう活かすのか?
をみんなで考える

3.更なる聴く・話すの体験を通じ
聴く力とは何かを探求し、シェアし更に深める

4.自分の状態を整える具体的な方法
ストレスリリース体操 と 今ここに集中した心の状態の創造(鼻の瞑想♪)トレーニング

5.人が心を開いてくれる状態の条件
息を合わせる、息を合わせてもらう体験と感覚の共有
(いい男の共通のスキル紹介♪)

6.人の取る行動の真の意図にたどりつく質問の練習

上手くできたとか、上手くできないとか
そんなことが大事なんじゃなくて

このテーマを今みんなと一緒にどれだけ深めて行けるかに
真摯に向き合ってくれて、
気になるクラスメートに自ら気遣いの声かけをしたり
今、体験したことを休み時間に応用してみて
自分の持てる感覚を全開にして楽しむ姿勢を見せてくれる
その在り方自体が大事です。

それが、今、ネクストステージに進もうとしている
彼らの将来にわたっての力になってくれると
私は信じています。

介護現場の先輩たちが
皆さんのデビューを心待ちにしています。

矛盾だらけ、規制だらけで一筋縄で行かない世界で
人が最後まで幸せを感じてもらうための愛を表現するために
あれこれ知恵を絞り、手を動かしていらっしゃいます。

不安はあって当たり前ですよ。
だって、初めてのことですもん。
人の生存本能的には、かなりチャレンジを要することですもの。

でも、もうすでに感じ始めている
自分の心がそれを欲しているその感覚を感じながら
そのベクトルにしたがっていってください。

応援していますぞ!!

ひさみ

 

 

コメント(0)

2015年 3月 10日

起業はすすめません。

私、2007年に起業して
できることを積み重ねる日々を
ただ送ることしかできておりませんが
周りのご協力のもと今まで生きながらえております。
深く感謝。

 

今の政府の方針だったり
世の中の流れだったりで
女性が起業することを奨励する雰囲気があることに対して
実はとても危惧しております。


以前、女性起業家向けの講座を担当したときにも
一貫して、「起業はすすめません。」と
その理由を談じ続けてきました。


もろもろの理由はここでは割愛しますが

そうしないといけない自分を生きると
自分で決めた人だけが、行う行為だと思っています。


なので、起業は全くすすめません。


自分の力を発揮して一生懸命働くことが
満たされないために、何か生き方の代替手段として
起業を考えている人がいるならば
それは何かを履き違えていると思っています。


今いる組織の仲間を
あなたの本当の仲間として
自分の中の創造的な心で捕らえてみたことがありますか?


今その職場を創ってくれている経営者が
その場で働く皆さんにどんな願いを本当は持っていると
思いを馳せたことがありますか?


今すでに属しているその職場が存在している意義を
より高めるために、できることをやっていますか?


そんな質問に一人で、また仲間とともに
ベクトルをむける時間をもってから
それでもここは自分の場所でないと感じて仕方ないなら
本当に、そこはあなたの場ではないのでしょう。

だから、私は「共創ぐるぐる会議・組織リーダー育成プログラム」で
今いる自分の組織の中でまだ輝ききっていない誰かのために
組織活性化のお仕事をしています。

 

本当の意味・存在意義を
たくさんの仲間と共有しながら
よりよいものを共に創りながら働く
かっこいい大人がワンサカいると
どこもかしこも素敵な場になっていくと
思っているものですから。


ひさみ

 

 

コメント(0)

2015年 2月 26日

第4回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニーの日がもうすぐやってくる

カテゴリー: つれづれ日記

本日、新聞に出ちゃいました!
写真付きで!

ライフワークである
ストリートピアノプロジェクトでお声かけさせてもらって
ストリートピアノ設置地域のリーダーたちのご協力のもと
今年で第4回と開催し続けられている3月11日に
被災地に黙祷と歌を祈りに乗せてお届けするセレモニー
「ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー」
の告知記事を南日本新聞に掲載いただきました。

先日、プロジェクトメンバーの岩城茉美子さんと
プレスリリースを持ってお伺いして
あれこれあれこれお話を聴いてくださった
まとまりのない話しが
とても素敵にまとまっていました。

そして
ストリートピアノ第一号の鹿児島一番街商店街の
お誕生日に掲載してくださるなんて
本当に粋な記者さんです。

CCF20150226_00000

先日
MBC放送を訪問し
告知依頼をしたのですが、
その時にお話を熱心に聴いてくださった
増田アナウンサーは
昨年冬まで岩手の放送局いて
被災地をずっと取材されていた方でした。


「こういうことは、独りよがりではありませんか?」
とお尋ねしてみたところ


お返事は
「九州の一般の方からの『忘れていないよ』というメッセージは
何より嬉しいことと思います」でした。

ホッとしました。

今年は九州3県10会場から
黙祷と歌を祈りに乗せて届けます。

10965292_773037556114655_1035162164_n

10961990_773037629447981_1113396577_n

 

コメント(0)

« Prev - Next »