アーカイブ 2015年10月

2015年 10月 29日

経営者の役割

経営者のサポートに
力が入っている理由を尋ねられました。

ちょっと持論を展開する前に
そう思うに至ったヒストリーをお伝えすると
鹿児島県内の中小企業を訪問して
239社の経営者をヒアリングさせてもらったことがあります。

これだけ訪問すると
経営者が醸し出している雰囲気が
社内の空気にどれだけ影響しているのか
その違いが明確に分かってきたのです。

体育会系の社長のもとには
いつも叱咤激励されて頑張って働く皆さんが
たくさんいらっしゃいましたし

いつも出張や付き合いなどで忙しく
まともに社長と語り合えていない会社の方は
頑張っても一緒だしとどこか拗ねた様子がありましたし

機嫌のよし悪しで社員さんを
褒められたり落とされたりしている社長のもとには
よそよそしい空気が漂っていましたし
自社の仕事の強みはなんですか?の問いに
しっかり答えられない会社で働く皆さんは
どこか自信なさげな感じを受けました。

だから
経営者本人がどのような精神状態で
毎日を過ごしているか

どのようなビジョンを持って
みんなにその価値をどう伝えているか

それが、本人が思っている以上に
ものすごい影響力を及ぼしているのです。
経営者は
このことを知っておいて
自分を整える術を身につけて欲しいのです。

だから
経営者のサポートには力が入っています。

人材育成コンサルタント
ひさみ

 

 

コメント(0)

2015年 10月 21日

『縁起でもない』という言葉で潰されるビジョン 

カテゴリー 私のラーニング

『今の医療は本当に人を幸せにできているのか?』

という根っこの問いを追求されている
家庭医療界のリーダー的存在である
お医者さんと最近ご縁を頂いている。

とても笑顔が素敵な方だ。

ーー

ここ3年弱、組織改革・リーダー育成のプログラムで
医療や介護の現場で働いている人たちと触れ

また、自身の父親のターミナル期間に
それを支える母親・妹家族の姿を見たり
そこでの葛藤に触れたり

またまた、90歳代の祖母たちが
病院や施設にお世話になっていたりで
利用者・患者の家族という立ち位置もあったり

40代もなかばになり
いのちの終焉の時期について
考える機会が多くなっている。

その機会を通して
人が口からご飯を食べるという意味と
生きるという意味の関連性

など もやもやもやもや

自分が長生きした時の
理想と考える取り扱われ方について

ここ数年ずーと考えている。

私は人一倍わがままでございますので(笑)


ーー

市民の生涯学習のテーマに

自分の頭がしっかりしているうちに
自分のライフデザインを考え、仮決めし
紙に書き落としておく機会を提供する勉強会なんか
必要なんじゃないかなあ と思っている。

この場で必要とされる
問いかけは何だろう?と
勝手に構想を練っている。


多分 そんなに質問自体は多くない気がしている。

それを存分に考え
言葉にまとめておくだけで
医療は確実に人の幸せにだけ役立つことができると
私は思っている。


そのために

自分自身のリーダーは
自分自身であるべきだという認識で
生きていく人は

最期の治療方針の提示が必要とされるタイミングには
関係者の理解を得るためののプレゼンテーション用に
自分らしいデザイン案を自分で持っておく必要があると
思っている。

また
家族がそのことへ深い理解をしている必要があると思っている。

ーー

今回の先生との出逢いは
そこに大きなヒントをくれるような気がしてならないのです。

人生の笑顔で旅立った先輩方を
たくさん見送ってきたその中でお感じになったことが
私たちのヒントをくださる気がしてならないのです。

今まで、『縁起でもない』という言葉で
自分でも、周りからも
その芽を摘み取ってきた将来へのビジョンを育む
それが出来る時代が来ている気がするのです。

人材育成コンサルタント
ひさみ

コメント(0)

2015年 10月 17日

「不満」は「自分の理想の姿」が変態した言葉

カテゴリー 私のラーニング

発見しました。

現状をお話いただいたときに
不満を言い続ける方が多くて
その人の言うことをずーと観察してきました。

そして
発見しました。

「不満」は「自分の理想の姿」が変態した言葉なだけだなと。

どういうことかと言うと

社員への不満は
出来るはずのレベルまで達せられるように
関われていない状態への言葉。

夫への不満は
夫との関係性において自分がやれるほどの
状態を作り出せていないことへの言葉。

子どもへの不満は
本当に愛溢れ子どもが育まれる状態を
その子との間に創れていないことへの言葉。

不満を言っていても
ポジティブなことを言っていても

心の底から知っている自分の理想の姿を
求めて生きることに毎日を費やしているです。


変態具合があまりよろしくないことに
お気づきになると
創りだしている状態を変えられるご自身になられるようです。



人材育成コンサルタント
ひさみ

コメント(0)