アーカイブ 2014年12月

2014年 12月 14日

「この扉の先に愛がある」

人には、純粋な真剣さを持って
何かに向き合うことでしか出逢えない世界がある

==

地域メディアプロデューサー育成講座 作品発表会
に出かけました。

阿久根市役所主催で、
アースボイスプロジェクトの榎田竜路さんを招き
地域の物語を価値化する情報運用手法を使い
阿久根の商業主や阿久根市観光連盟や市役所職員
そして、鶴翔高校の先生・生徒で
阿久根にある情報を運用し地域の資産を生み出す力を
伸ばしあう6ヶ月にわたる壮大な講座の作品発表会でした。

happyoukai

2分の作品にギュっと押し込められた
阿久根で暮らし、阿久根に思いを寄せている人たちのエネルギー

それを制作するために
数時間にわたる相手への取材と
それを表現するに相応しい写真撮影
相手から発せられた言葉すべての文字起こし
キラリと光るフレーズの発掘
そして
それらをまとめて
あまねく表現するキーワードを紡ぎ出す作業

作品は20作品

ペアになって
自分が自分で所属しているところのものを制作するのではなく
相手の所属しているところのものを制作するという
”愛でよろしく”の榎田さんらしいやり方でした。

発表会に至るまでは
本当にいろんなことがあったそうです。

当日の朝にまだ合格が出ていなかったという作品もあったそうですし

そんな仲間をサポートするため夜中まで集まって
出来た人がまだ出来ていない人の手伝いをしたり口を出したりする
阿久根地域独特の”小姑制”でのサポート制度による寝不足感

それに至るまでの
「なんでこんなに大変なことを
本業の仕事もしながら取り組まなきゃいけないの?」
という真っ当で素朴な疑問への自問自答 他問他答 で終わらず
喧々諤々の時間 など

私が10月にお邪魔したときは
編集ソフトって何? 状態の方もいっしゃる状態でしたので
本当にどれだけの努力がここの裏側では
注がれたのだろうと思うことでした。

人や組織の活性化には
こんなカオスな時間を一緒に過ごすことは必須のようです。

ーー

最後に受講生を代表して
アキノ染色工芸の秋野洋さんがご挨拶されました。

彼が夜にめぐみ学園の輿水基さん(小姑)のところに
通い詰めていたとき、
教会の中にある場所での制作作業だったらしいのですが
その教会の扉の前に書いてあった言葉に目が止まり
ぐっと来た と。

その言葉が
「この扉の先に愛がある」

男泣きされていました。

ーー

また こんな場面もありました

農事組合方法人三笠えのき茸生産組合の松崎勝利さんが
阿久根市商工会議所会頭の取材をし
その音声を何度も何度も聴き直す中
阿久根を思う気持ちは、
どんな立場にある人も同じ思いを持っていると
いう大きな気づきを得、
先を行って下さっている方への感謝の思いが溢れ出した話を
声を詰まらせながら伝えてくださいました。

きっとご自身の住んでいる地域の
足もとにあるりずっと支えてもらっていた”愛”に
気づかれた瞬間だったのでしょうね。

ーー

ブログ・市長 という情報だけが
世間に広く認知されていた阿久根に
自分たちの手で自分たちの宝の情報を発信し
愛ある未来につなげる橋をかけられる力をつけた人たちと
その人たちの愛あるコミュニティが育まれていました。

その場にいらしていた
市長を含む市役所の要職の方々の目にも涙が見えました。

”愛でよろしくしかないんだよ”
という榎田さんの零れるような笑顔♪

この場を創って支えてこられた
主催の市役所の堂之下浩子さんの優しい微笑み
が、とてもとてもあったかく♪

私、もらい泣きスイッチ、押されてばかりでした。

ーー

人には、純粋な真剣さを持って
何かに向き合うことでしか出逢えない世界がある

それに向き合う場づくりに
意欲を燃やしながら帰る阿久根路でした。

ーー

ひさみ

 

コメント(2)

2014年 12月 02日

腑に落ちる 

カテゴリー 企業向け

先日
とある女性経営者のコーチングセッションでした。

彼女からのSOSのときは
散々自分であれこれあれこれやってみて
最終的に自分ひとりでは
スッキリ感に行き着けなかったときに
お声をかけてくださいます。

121001

色々とその場その場で
考え創り上げていかないといけない立場で
いらっしゃいますからね。

ででで

まあ セッション自体はテーマも最初から明確なので
トータルで30分くらいでしたが

まあ ねえ ビックリしました。

というのも
最初、迷惑ものだと思っていたすっきり感を阻むものからのメッセージが
本人に伝わり、ご自身の腑に落ちたときの”腑落ち感”が
ドスン!ゴワ~という感じで落ちてきて

だから、こんな気持ちを感じていたんだ と
身体の隅々まで伝わっていっていました。

30分後の笑顔はとても美しい表情でした。

ーー

そして
その夜の出来事だと翌朝ご報告のメールを頂きました。


そのメールには

納品後に値引きを言ってきたお客さんや、
頼むときはいい顔をして支払いがないお客さんに対しての
対応の仕方がスパッと切り替わり
自社の理念にそった考えで行動できた旨が書かれていました。

自社のスタッフの仕事にも今まで以上に
誇りを持てた対応が出来たそうです。


魚は頭から泳ぐ


だから、経営者にはスッキリした状態が
なにより大事なのです。
これから更にいい会社に変化しますね。


更なるご発展を祈っておりますぞ!


ochame


ひさみ

コメント(0)