アーカイブ 2014年6月

2014年 6月 20日

国際ソロプチミスト鹿児島退会にあたり 

カテゴリー つれづれ日記

今日は最後の例会でした。

先ほど会員の皆さまに
退会のご挨拶をさせてもらうことができました。

untitled

とあるご縁で約6年前に入会した
女性と女児のための奉仕団体で
昨年40周年を迎えたとても歴史あるクラブです。

ドネイションの精神と奉仕の心
活動を通じて育まれる友情など
1人では決してできないことを数々体験させてもらい
教えてもらいました。

今回そう決めた背景には
見る話す触れる立つを愛をもって届けるケアメソッド
ユマニチュードを鹿児島の医療介護現場の隅々まで行き渡らせる
ための活動にもっと力を注ぎたいという気持ちからでした。

先月参加したITヘルスケア学会で
ユマニチュードを支えておられる
静岡大学大学院教授 竹林洋一先生の
「皆さん、これからは高齢化社会のデザインやりましょうよ」
という言葉も胸に刺さっています。

518LDUOIaxL._SL500_AA300_

昨日も医療介護施設のコミュニケーション研修の際に
NHKからネットで配信されている動画を観た後に
接する人から発せられる何からあのおばあちゃんの中に
あれだけやる気が芽生えたのか?を
参加者全員で考えました。

真剣な表情でみんなと叡智を出しあう姿に
現場の皆様が何かを
求めている様子がひしひしと感じられました。

限りある時間を
必要な人たちと
このテーマで語れる場を創ることに
自分の時間を注いで行くことを選択しました。

とても理解を持って
「嫁に出すような気分だわ」なんて言って
送り出してくださった会員の方もあり
私は本当にいい学びをさせてもらえていると
感謝でいっぱいです。

これからも引き続きこのご縁をつながせもらって
色々なご指導をいただきたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ひさみ

コメント(2)

2014年 6月 14日

Talking BAR103(トーキングバーいちまるさん)

カテゴリー 出逢い日記

”お試し”されてます

この春から

宇宙からなのか
ここの事務所のリーダーからなのかはさておき
”お試し”されて今までやったことない
お仕事を頂きました。

それは
対談をして、そしてインタビュー記事を書く
というお仕事です。

・・

村上龍さんのRYU’s BAR とか
SUNTORYのAVANTI とか
聴いてきた世代なので

そして、
どちらも大好きで大好きでたまらなかった話をして
盛り上がったからなのか
あっという間に話がまとまってしまった ^^;

チャレンジは嬉しいけれど
未知の世界はワクワクと大丈夫かなのマーブルな感じの心境で
まっ とりあえずやってみまひょ!

と 手をつけ始めました。
(ひっとべ~ ですな!)

作業の途中のことをあれこれ書いたら
もうそれだけで一晩もかかりそうなので
全部、はしょりますが

t_alcohol_a05めでたいことに!

2014年6月現在で
お二人の方のお話がアップできています。
(ふぅ~ 読み返せば読み返すほどふぅ~ですが・・)

皆さまからのお声がなにより励みでございます。

そろそろ自分のブログにも書こうかなという気になってきたので
こちらでご縁のある方にご紹介させてもらいますね。

ホント
カッコいい人たちばかりです♪

ーー

FP事務所103 Presents
Talking BAR 103

株式会社ユニティ 濱田桂太郎さんインタビュー 全3回

The アジャストメント かんぜさん インタビュー 全7回 

どうぞ お飲み物片手にお楽しみください♪

11002052635

ひさみ

コメント(0)

2014年 6月 14日

第8回ITヘルスケア学会へ 

5月25日に東京で開催されました
第8回ITヘルスケア学会に行って参りました。

10390461_690421507683609_832940812478206846_n

目的は
医療介護現場の”ため息”が”エネルギー”に変わるのに
大変に役立つケアメソッド【ユマニチュード】の話を
本田美和子先生(国立病院機構 東京医療センター)から
直接お聞きすることと

これをフランスから日本に持ってきていただいたことへのお礼を伝えるためでした。

昨年秋から数回にわたり
NHKやTBSで特集を組まれました。

【ユマニチュード】のトレーニングを受けた医療者に
接してもらった患者さんの”やる気”の開花が、
信じがたいような素晴らしい変化をもたらすことを表現して
「魔法のような」という枕詞をあたえられていることに
本田先生が、
「ユマニチュードは魔法ではありません。
立ち戻れる哲学のある、誰でも使えるケアのスキルです。」
とおっしゃったことが、印象的でした。

本田先生が、講演の最後の最後の方で
創始者のジブ・イネストさんが
硬直のある老人を見つめて話しかけてやさしく触れる
場面の動画を見せてくれました。

ジブさんが何か動いたり言うたびに
全く痛がるような様子もなく
その方の腕や指がじょじょに伸びていく様子が
映し出されました。

本田先生に最も衝撃を与えた場面だったそうです。

ーー

その学会からの帰り道

学会というものはそういうものかもしれませんが
私は途方にくれていました。

未来を開く可能性のあるたくさんの種が
ぎっしり詰まった玉手箱を
お土産に渡されたものの
これをこのままどうしたらいいだろう?と。

 

。。

。。。。

 

。。

ただ脳裏に焼きついているのは

本田先生の発表の中で観た
87歳のお婆ちゃんが
入院して以来1ヵ月半
毎日毎日全てのケアを嫌がり、
噛みついたり
泣き叫んでいてばかりいたのに


ユマニチュードのトレーニングを受けた
看護師さんに見つめられ
優しく触れられ話かけてもらううちに
自分でご飯を食べられたり
鏡を見ながら櫛でおしゃれしたり
(もちろん、笑顔で)
するようになって行った。

あの姿が、忘れられないし

お婆ちゃんの良くなる様子に
心からの拍手と歓喜の声をあげていた
これからトレーニングを受けるであろう
取り巻きの看護師さんの姿も
わすれられない。

この種はどう育てればいいのか?

私は帰りの飛行機の中途方に暮れて、
泣きたくなんかないのに涙が流れて仕方ありませんでした。

 

<続く>

ITヘルスケア学会 

<ユマニチュード関連動画>
NHK クローズアップ現代 13分
見つめて触れて語りかけて~認知症ケアユマニチュード~ 
ユマニチュード・認知症ケア 優しさを伝える技術  25分

TBS 報道特集
ユマニチュード・認知症ケア 優しさを伝える技術 24分


ひさみ

コメント(0)

2014年 6月 14日

”ほどほど”というレベル

カテゴリー つれづれ日記

※ 自己満足極まりない文章なので
その旨最初にお断りしておきます♪

ーー

”ほどほど”というレベルについて
考え感じている。

 

決して悪い状態ではない
決して嘆き悲しむような状態ではない
決して切羽つまった状態ではない

 

・・

じゃあ 私はよしとするのか?

・・

もし

大切なお友だちが
人生のパートナーを決めるとき
もし

私ね
”ほどほど”のレベルだったらいいの
どう思う?

と訊かれたら
私は賛同するだろうか?

 

うーん

 

多分、
どうしてそう思っているの?
”ほどほど”の相手はあなたに何をもたらすと思っているの?
という質問を投げざるを得ないなあと思う
うーん

 

じゃあ 組織研修だったらどうだろう

依頼される部署の方が
はい、今もほどほどの組織でまわっています
ほんのちょっと困った人がいますが。

ほどほどのことをして
ほどほどの結果を残してくだされば

こちらは全く持って
本望です

と涼しい顔で
言ってこられたとしたら

 

・・

・・

・・

 

曇りのない爽やかな心で
「はい、かしこまりました
皆さんがもっとほどほどになる組織研修ですね♪」

と答えられるかというと



それは絶対にNO! だということが
はっきり 分かっている

No!

それが
依頼主のニーズだとしても

 

私は今までに
本当にたくさんの人たちの
ブレイクスルーした後の
大変だけど楽しいよという笑顔に
出逢わせてもらっている

人が輝く瞬間に立ち合わせてもらっている

そして、
その輝きが人の喜びであるということを
見せてもらってる
・・

・・

・・

・・

だって

ほどほどのレベルには

・・

 

そこにその人がそうしている理由が薄いもの

・・

そこにその人がそうしてる理由が際立つこと

(書きながら思いつきました この言葉)

 

そう

そうだ そうだ

これだ これだ!

 

私は
そこにその人が
そうして存在している理由が際立つこと に
貢献することにしか
YES がないのだ!

Yes!

だから

”ほどほど”というレベルでは
首を縦に振れないのだ!

”ほどほど”でよしとする理由が
どれほど素晴らしい理由であっても
首を縦に振れないのだ!

なのだ なのだ!

・・
話突然変わりますが

先日、森永のチョコモナカジャンボおごって貰った。

一緒に買ってもらったもう一人の人は
とてもその商品を愛している人だった。

買ってきてくれた人が
コンビ二の袋から出したとき
「なんで私がこれが一番好きって
わかったんですか?」

とえらく感激していた。

たしかに
パリパリととても美味しかった

みんなで楽しいひと時になった。

そしてチョコモナカジャンボについて
ホームページを見てみた

工夫と歴史が記されていた

ベストセラー商品なのには
理由があった

たゆまぬ努力 研鑽

だからこそ
ベストセラー商品なのだ

チョコモナカジャンボについて  

 

この部署は決して”ほどほど”をよしとしない組織文化だろうな

 


このの強い自分の中の”思い込み”が明確になったので
「その人がそこでそうしている理由が
際立つことしかYESとしない」ことに
こだわる自分を手放して

そして
大いに大いにお節介をやける状態を
自分の中に創ろうと思う♪

人ってパラドックスぅ♪

ひさみ

コメント(0)