アーカイブ 2014年4月

2014年 4月 25日

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザー大集合♪ 

カテゴリー 未分類

4月19日に大阪で
岡本式「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーが集合して、
情報交換会が実施されました。

私もこの3月の試検を見事(←自分で言ってみた)パスし
このお仲間に加わることができました。

鹿児島からは二人の参加で、もう一人は広告デザイン屋
その魅力を見える化しますのアピール社の佐々木こづえさんです。

10155183_530216937088417_8095657341982395586_n

北は北海道、南は沖縄から集結しました。

「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーというのは
こんなことができる人たちです。

会社の改善点ではなく、良いところを引き出した広告案が作れて
そのための前準備の、
お客様からヒアリングすべき最適な質問項目を準備できて
それを実行するための
お客様への無理のないアプローチ方法をお伝えできる

それをさらに磨くための場が
今回開催された情報交換会でした。
先輩アドバイザーたちが
ご自身の現場でどのように活用されて、
どのような結果を得、どのような学びがあったかを
惜しみなくシェアしてくださる場でした。

私は、この取り組みを会社ぐるみですることで
より強いチームワークを育めると思っているので
先輩方の取り組みがとても学びになりました。

前半は先輩方の事例発表で
後半は同時期にアドバイザーを取得した
大阪のではらストアの出原豊久さんのお話でした。

1458671_656839927698196_8340065590210562989_n

出原3兄弟で営む昔ながらの商店街の中にあり
大手チェーンスーパーが次々オープンする
危機的状況の中、取り組んだ「A4」1枚アンケート。

お客様のお声から自分たちの魅力を、改めて再発見し
それをチラシに活かし売上げを伸ばし
また、その取り組みの中で硬直していた兄弟との関係が
及ぼした望ましくない影響。
そして、関係性を整えて繋がってからの嬉しい影響。

そして、今、みんなで見ている心待ちにしている未来の姿♪

仕事の現場にエネルギーを吹き込まれている様子を
惜しみなく伝えてくださいました。

鹿児島にも同じような状況はいたるところにあります。
出原さんのお話は、そこにもきっとエネルギーを
吹き込んでくれるはずと確信を持ちました。
お呼びせねば!

そしてその後は、懇親会!

乾杯の後の皆さんはそれぞれ新たなキャラが立った面を
見せてくださり、全国に愉快な仲間が増えて幸せだな
と感じました。

t02200165_0800060012918923137

さあ 今度はの実践例を報告する側で
参加するために、取り組みを進めていかなきゃです。

岡本先生はじめ皆さま
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

「A4」1枚アンケート広告認定アドバイザー紹介サイト

ひさみ

コメント(0)

2014年 4月 18日

お引越し先

カテゴリー つれづれ日記

もう四月も下旬にさしかかろうとしていますね。

早いものです。
以前の投稿でお引越し先の詳細をまたご連絡します と
お伝えしながらまだでしたので
お引越し先をお伝えします。

昨年度まで
鹿児島市が運営している起業家支援のフロアーである
ソーホーかごしまの17号室を
事務所として使用させてもらっておりました。

そこを卒業し
今年度からの新しい事務所は

鹿児島市東千石町5-12キューブビル406室 でございます。

仕事の仕方も
コラボレーションの時代だなと思って久しいのですが
ついに事務所まで、コラボレーションになりました♪

ご一緒してくださっている事務所さんは
FP事務所103(エフピーじむしょいちまるさん) さん
※ 看護師さん限定住宅ローン相談なんてやっている
遊び心満載のファイナンシャルプランナー事務所さんです。

4月に入ってこの事務所に通い始めて嬉しく感じていることは
たくさんあるのですが

このビルの一階部分が空き店舗だったのですが
今週からケーキ屋さんと、イタリアンのお店が入って
とてもココロ浮き立つ場所になってくれたこと♪

人が何か活動をしはじめるエネルギーは
とても心地いいなあと思っており
それに便乗しようと目論んでおります。

そして、先日15日が弥生の満月でした。
その時、お月様から伝わってきたメッセージ

やりたいことを
やりたいひととやりなさい

やりたいときに
やりたいようにやりなさい

ーー

こころの赴く方向に
行動が鍵ですな♪

どうぞ、これからもますます
よろしくお願いいたします。

ひさみ

FP事務所103公式HP

コメント(0)

2014年 4月 09日

未来会議合宿2014春

カテゴリー 企業向け,組織向け

今年の年度初めは
共創ぐるぐる会議プログラムを共同で運営している
マナブルゲートの矢野圭夏さんと
2日間お宿に缶詰になって(←ここ大事!)、
未来会議合宿をしました。

組織のエネルギーを
対話によって変容させる
”共創ぐるぐる会議”プログラムを始めて約1年

 

じわじわと、活動の場を頂いて
医療法人や介護に携わる組織を中心に
実施することができ
試行錯誤を重ねた1年を過ごしました。

人の可能性は絶対にこちら側が
決め付けることなどできない ということを
思い知る機会となりました。

そして
”大切なことに気付いた”組織が変化する
そのダイナミックさも♪
”立会人”として癖になりました。

自分のキャリアという意味でも
とてもありがたい一年でした。
この合宿の目的は
未来に私たちはどういう存在でありたいか
そして、誰に何を提供しているのか

それをお互い明確に分かり合い
具体的なものとして何を世の中に送り出すのか
を決めていくそんな時間を過ごしました。

初日10時スタート
2日目16時30分終了 というスケジュールで

お宿には数々の要望をお伝えし
お部屋にホワイトボードが欲しいです
2日目のランチはお結びがいいです
パソコンを打ちやすい高さのテーブルを使いたいのです

全て快くきいて下さった女将さん
はじめ宿の皆さまに感謝です。

深まった既存のプログラム
そして、これから始まるプログラム
これにエネルギーを吹き込んでいく2014年度が
とてもとても楽しみになりました。

コメント(0)

2014年 4月 05日

桜吹雪の中で 

カテゴリー cosmic-vision

sakura1

いつまでも許さないという
心の状態の選択が
本当に本当にいいのなら
それはそれで尊重します。
けれど
風に誘われるまま
花びらをハラハラと落す
桜の木を見ていると

しがみつくという行為は
人間特有のものなのかしら
と思ったりしています。

 
その経験から
その時の自分が懸命に感じて学んで
芽吹かせた若葉を
無いものとして無視し
次々としゃかりきに摘み取るような
そんな乱暴な行為のように思えます。

少しだけ、心をほぐして
そこに流し込んでいるエネルギーを
少なめにしてみたら

次に準備されている若葉に
芯が入りだし
新緑の季節が進み出し

さらには
若葉をわんさか繁らせて
これから出逢う人に
木陰をつくってあげられることもできる
そんな季節も広がっているなあ

と感じさせてくれた
桜の木に出逢いました。

ひさみ

 

コメント(0)

2014年 4月 05日

Cosmic-visionで生きる友を確認する=コーチング

カテゴリー cosmic-vision

今日は二十四節気では
「清明(せいめい)」という約二週間の季節の始まりです。

万物に清らかな気が満ち満ちて
生命力が明るく輝くときといいましょうかね。

本当に地球の景色が美しい頃です。

picture 005
先日依頼がありとあるコーチングセッションをしました。

この方は、ご本人もコーチなのですが(有難いですね)
本当に時折ご依頼をくださいます。

「閏さんにセッションしてもらうのは、
本当に変化を起こしたいことに対して、
自分自身では対応が無理とちょっと途方にくれた、
でも、自分にとって、とっても肝心な時なんです」

とセッションのはじめに言っておられました。

「プレッシャーだなあ」 と笑うと
「もう後がないと切羽詰ってますから、よろしくお願いします」
と更にプレッシャーを与えられました。

ありがたいですね (苦笑)
本当に私の方が励まされる言葉です

ーー

違いを創る違いに重きを置く
NLPを学んでおりますので
せっかく頂けたこの言葉を深く考えてみました。

「他のコーチと違うことを
もししているとしたら、どんな要素があるだろう?」 と

私は、コーチングセッションを行うとき
その方が、Cosmic-visionを持って生きている様子を
イメージしながら、湧き出てくる質問します。

その方がおっしゃる言葉や様子から
Cosmic-vision=宇宙の視点を持って
この地球で発揮しているかどうか それを感じます。

そうすると
どこがその様子と離れている言動かが
感じられやすいからです。

kikaijimayuuhi
Cosmic-vision で生きるというのは
どんなことなのか?をもう少しイメージしてもらうために

中村天風先生が書いておられたものを使って
わたしなりに解釈して書いてみました。

「人間はそれそのものは小さな生き物にすぎないが
万物の霊長という役割を担っている生き物だ。
その役割を果たすために
自分の大きさを遥かに越えた宇宙にまで思いを巡らせられ、
ありありと実感できる想像力と備えている生き物である。」

というイメージです。

それを忘れて
自分=小さな生き物というところにだけ
フォーカスが向いているとき
人の表情は固くなり、背中は曲がり、思考が内向きで且つ、
自分にも他人にも責める口調になります。

私は隣にいて
万物の霊長たる様子を
心にも体にも表情にも取り戻してもらうために
役立ちそうなことを、訊ねてみるだけなのです。

ーーー

そんなことを ぽつぽつ質問しているうちに
あれこれ変化が引き起こり、ふたりで盛り上がり
気づけば、3時間が経過していました。

Cosmic-visionを持って生きる仲間が増えた日となりました。

私にとってコーチングというのは
そういう時間です。

ひさみ

ーーーーー

コメント(0)