アーカイブ 2013年4月

2013年 4月 22日

「永遠の0」を読んで

カテゴリー 出逢い日記

先日、新作の「海賊と呼ばれた男」で本屋大賞を受賞された
百田尚樹氏の講演会が鹿児島で開催されました。

それに伴って、今年の夏に映画化される「永遠の0」を
読みました。読み出したら止まらずに、4時までかかって
読み上げてしまいました。

41kh+m7viwL._SL500_AA300_
今を生きている という事実に、新しい解釈をくれるだけでなく
自分が今ここに生きている ということにも、先人たちが指針を
くださるそんな小説でした。

海軍の神風特攻隊の一人の男が主に語られている存在で、
鹿児島の航空基地が登場する場面がたくさんあり、
私の故郷である国分も何度も出てきました。

様々な分野で制度疲弊している今の時代に、生まれ出る必要の
あった作品です。
・・ ここまで書いて この作品のこと、私、語りきれないなあ と
確信してしまっています。

だから 読んだ方がいい人をあげておきます。
◇ 鹿児島関係の方
◇ 神風特攻隊をテロリストだと信じている方
◇ 結婚・夫婦についてもっと理解を深めたい方
◇ ニートの方
◇ 戦争について見解を深めたい方
◇ 自分が誰か知りたい方
◇ 戦争に行ったおじいちゃんを持つ方
◇ 戦争に行かなかったおじいちゃんを持つ方
◇ おじいちゃんがどんな人か知らない方
当てはまる方、お読みになってください。
是非ではなく、絶対に と言いたい作品です。

ひさみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いのちを耀かやす龍全NLPプラクティショナーコース 鹿児島7期 6月8日開講
今のままで歳をとり続けたくない方に、ご紹介したい学びです。

コメント(0)

2013年 4月 20日

幸せの扉のマスターキー:龍全NLP受講生の変化

カテゴリー NLPの仲間たち

4月13・14日は
龍全NLPマスタープラクティショナーの
最後から2番目の講座でした。
来月が最終講なんて早いものです。

この講のテーマはプレゼンテーション。

自分の思いを
自分の言葉で
照れることなく
相手に届くように伝える
というトレーニングでした。

現在婚約中の受講生のお一人から、
龍全NLPを受講して迎えた変化として
こんな話をしてくれました。

「ひさみさん、わたしですね
わたしが幸せになれる人を、選択できるようになれました。」

thumb5
そして、少しはにかみながら、今感じている幸せについてと
婚約中の彼がどんなに素敵な人かも
しっかり聞かせてくれました。
(まあ いわゆる、おのろけ話ですなっ♪)

その姿がとてもきれいでした。
(彼は本当に幸せものです♪)

そして、彼女は
”幸せの扉を開く一生使えるマスターキー”
を手に入れられたなあ と思うことでした。

これ持っていると
幸せになっていく道しか進めないですものね。

これからも思う存分、幸せでいてね♪

ひさみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

龍全NLPプラクティショナーコース 鹿児島7期 6月8日開講

コメント(0)

2013年 4月 17日

【わざわざ時間をとる】~新展開のスイッチ~

カテゴリー 未分類

わざわざ時間をとって
何かする

ということは

新しい展開を創る
スイッチを押すこと
だと思う

どんな些細なことでも

一冊の本
とあるセミナー
一人の人
いっぱいのお茶
ふと伝えた一言
一枚の写真
などなど

この世は
その機会がふんだんに
溢れている場所みたい

今日も素敵にスイッチオン!

コメント(0)

2013年 4月 16日

人生のプレゼンテーション:プロポーズ

カテゴリー NLPの仲間たち

この週末は
龍全トレーナーが鹿児島に来られ
NLPマスタープラクティショナーコースで
プレゼンテーションのトレーニングでした。

自分が
自分として
自分の感じていることを
自分の言葉で
最適なタイミングで
自分らしく表現する

当たり前だけれども、なかなかできないことでもあることを
びっちり2日間かけてトレーニングしました。

propose
その中のお一人の受講生が
このトレーニングが終わったその足で
彼女にプロポーズされたそうです。

トレーニングでも
思いのたけをありったけ
伝えていたので
本番は更にさらに盛り上がったことでしょう。

彼女に対して魂を輝かせながら
言葉をつむいだ姿が目に浮かびます。

人生はこういう振る舞いが
豊かさをもらたす大きな種になります。

おめでとうございます♪ よかったねえ♪
よりいっそう幸せになってくださいね。

そして、今年から始まったこの講座の間に
婚約中の方が3名になってしまいました。
すごい率だと思います。

ひさみ

コメント(0)

2013年 4月 06日

酒ずし~薩摩の郷土料理~ 

カテゴリー 出逢い日記

綺麗ですよね♪

これは、薩摩の郷土料理で”酒ずし”といいます。

2013040419420000
先日、本格的な酒ずしを初めていただく機会を得ました。
鹿児島に住んでいても、今までなかなか巡りあえなかった酒ずしでした。

今回、作ってくださった方からお話を聴いて
それじゃあ なかなか巡りあえないわけだ と思いました。

お作り下さったのは、酒ずしを作って43年という素敵なマダム Y様です。
お誘いいただいたのは志布志の焼酎の蔵で丸西酒造の奥様からで
Y様とはとても仲の良いお友だちだそうです。

陽気なお二人にまた会いたくて、
誘われるままに焼酎の会にお邪魔しました。

この酒ずし、準備を含めて3日間は時間を費やすそうです。

春のお料理なので、
この時期になるとY様は中央駅の朝市に毎年お出かけになり
材料をそろえ、下ごしらえをして と気持ちをこめてお作りになるとのこと。
そして、朝市では毎年来られるので Y様がくると春が来る と言われているそうな♪

こんな風に心をこめて時間をかけてお料理をつくることは
滅多にありません。 ありがたいなあ と思いながらいただきました。

ふんわりと柔らかいお酒の風味がたっぷり感じられる
Y様の手で作り出される春のお料理”酒ずし” を
丸西酒造の”むかしむかし”という柔らかい焼酎と
なかなかお目にかかれないナイスガイな皆さまとのお話
思う存分堪能させていただきました。

感謝いっぱいの夜でした。

ひさみ

”むかしむかし”が買えるお店 酒舗かごしま屋
酒ずしについて

コメント(0)