アーカイブ 2011年5月

2011年 5月 26日

蒲生八幡神社

カテゴリー つれづれ日記

kamouhachiman
蒲生八幡神社には、
樹齢1500年の胴回り日本一(2422㎝)の大楠がある
この写真はその一部。
どう撮ってもはみ出してしまうので、全貌は諦めました。

今月はこの大楠のすぐ近くで
友人が主催した風鈴のコンサートがありました。
その数日後、また蒲生を訪問し
この八幡神社で区切りのお祓いをしていただきました。

素晴らしい出逢いばかりの蒲生でした。

コメント(4)

2011年 5月 21日

湯治の県 鹿児島!

カテゴリー つれづれ日記

先日記事を書いた
「湯治の県 鹿児島」ですが
たくさんの方から、ご賛同の意向のご連絡をいただきました。

やっぱり・・
ひとりではないなあ ととても嬉しく
そして心強く感じています。  心より感謝しています。 

ありがとうございます。

コメント(0)

2011年 5月 13日

美優ちゃん 

カテゴリー 未分類

大切な人のお誕生日でもあった昨日
とてもショッキングなニュースが届いた。

種子島出身の「貧乏アイドル」としてテレビでちょくちょく見かけていた
24歳の上原美優さんがこの世を旅立った。

テレビの前の私の中に湧いた思いは、
「なんでその前に鹿児島に帰ってこんかったかねえ・・・」
だった。

NLPを学んでいても、ついそういう行動だけを見てしまう自分に気づいた。

悶々として1日過ぎた

帰宅した家族と

「あのさあ
なんで死なんといかんかったかねえ
なんで、その前に鹿児島に帰ってこんかったかねえ
24歳の女の子が、なんであんな方法しか思いつかなかったんかねえ」

「おかあさんのことがショックだったんだろうねえ
鹿児島でテレビタレントしたり、お店を開いたりすれば
十分自分のペースで暮らせただろうにねえ」

「鹿児島に帰ってくれば、どうとでもなるよ と
たくさん話をきける人もたくさんいるよ って伝えたいがよ・・」

と二人で泣いた。

人は思い詰めるといろんなことをしてしまう生き物。

男性アイドルが夜の公園でパンツを脱いだとき
私の周りの人々は大概
「鹿児島に遊びにくればよかったのにねえ
2泊3日でも行方不明になってさあ
あの布一枚は大きいもんね」
といったような反応だった。
皆、おおらかであたたかい人たちだ。

考えてみれば
一言も彼女に「声や思い」を伝えることをしていない私。

彼女が家族以外にも、自分が鹿児島に帰ってきてもいい
と思えること何もしていない私。

自分が悔しかった。
自分が残念だった。

私は以前から「湯治の県 鹿児島」として全国的に有名に
なったらいいのにと思っている。

私が知っている鹿児島の湯治文化とは
農作業の繁忙期が終わり、農家の皆さんが一生懸命頑張ってくれた
自分の身体を労わるために、日常生活の場から離れて
山間や海辺のひなびた自炊温泉宿に1週間ほど滞在し
ごろごろしたり、温泉入ったり、その辺を散策したり
集まってきているほかの方々とひねもす語りをしたりして
身もこころもリフレッシュする習慣です。

自分の持ち場で頑張って、頑張って
ちょっと距離を置きたいなあ というそんな時に、
鹿児島に湯治に行こう
鹿児島のあの人に話を聴いてもらいに行こうと
思い立てるように

自分の人生にニッチもサッチも行かないと感じて
彼女のような選択肢しか思い浮かばなくなった人を受け容れ、
そして桜島を眺めたり、畑の野菜を見たり、温泉に入ったり
知覧や鹿屋を訪ねたり、美味しいものを美味しいと感じたり、
身体とこころの両面から「生きる」を自分に問い、見つめる
そんな時間をたっぷりゆっくり提供して上げられる場所に
鹿児島がなったらいいのに と
思うことしきりです。

幸い、様々なことを通じて鹿児島県各地に素晴らしい人のつながりを
頂いています。 それがあれば実現できそうな気がしています。

美優ちゃんには過ごしてもらえなかったけれど
間に合う人はきっといると思う。

ご冥福を心よりお祈りしております。

美優ちゃんが気づかせてくれたこと
ここにしたためておきます。

コメント(1)

2011年 5月 03日

見つめられて・・

カテゴリー 出逢い日記

見つめられて・・・ 照れました。

今日は、鹿屋市の柳谷集落(通称:やねだん)で
開催されている「やねだん芸術祭」に行ってまいりました。

大変大変ご無沙汰している私を
豊重哲郎自治会長は、あたたかく迎えてくれました。

そして・・・
見つめられて・・ 照れました・・・

というのは作り話で、
長時間見つめてくれたのは
やねだん在住の画家の「三谷正さん」でした♪

いや・・・
初めてのことをしてみたんですよ。

似顔絵を書いてもらったのです。
人生初でした。

まあ 照れますねえ
「斜め、横顔、正面どれにしますか?」
と訊かれ
(それさえも照れて 自分で決められず・・)
「おまかせしていいですか?」と答え
「じゃあ 正面行きましょう。 ここに目線下さいね。」
と指差した先は、三谷さんの目!!

「だって・・ 正面ですもんね」とある意味、意味不明発言の私。

そして書いてもらったのかこちらです。

hisamihnigaoe
目元のほくろがそっくりで、笑いました♪

やねだん芸術祭 5月8日までやっています。

ひさみ

コメント(4)