アーカイブ 2009年11月

2009年 11月 28日

やねだん故郷創世塾6期生

カテゴリー 出逢い日記

昨日、3泊4日間のやねだんの故郷創世塾が

無事終了いたしました。 


行政にたよらない村づくり やねだん

最先端の農村 やねだん 

高齢者ばっかりなのに医療費の使用率が少ない やねだん 

ここに住めて心底嬉しいと世代に関係なく思っている やねだん 

無視という概念が存在していない やねだん 

「結」の精神がOSとしてしっかり機能している やねだん 

・・

・・

この4日間の間でもっともっとたくさんの大切な事を学びましたが

全く書ききれません。 

このAM8時に始まりAM1時に終わるという4日間を経て、

私に新しいアイデンティティが加わりました。 

”やねだん故郷創世塾6期生” 総勢26名 

同期には 北から

山形県最上町の重美町長さん 

静岡県吉田町役場から3名 たけさん ヤスさん ヒロさん 

愛知県豊田市役所 足助支所から1名 いのちゃん

広島県庄原市役所から2名 まさ平さん モトさん

福岡県大牟田市 白川病院から1名 さるさん

長崎県佐世保市 おりがみ陶芸センターから1名 ゆうすけさん  

熊本県菊陽町役場から2名 ゆきちゃん たかやん 

熊本県御船町役場から2名 みやちゃん かねやん

熊本県天草市役所から3名 ぶんちゃん すがちゃん よしおさん 

宮崎県西都市役所から2名 ヒロさん よしさん 

宮崎県都農町観光協会から1名 いのさん 

鹿児島県出水市役所から1名 てつろうさん 

鹿児島県姶良町役場から2名 カズさん しんごさん 

鹿児島県鹿屋市役所から2名 せいじろうさん かじさん 

そして 

鹿児島市 サクシードビューから1名  のもっちさん 

がいてくれています。

 

やねだんは

世界中の誰もが憧れているけれど、それは綺麗事でしかありえないと

思い込んでしまっている事を

しっかり(ちゃっかり!)現実世界でカタチにして

その集落に笑顔をもたらしているそんな奇跡の場所です。 

塾長の豊重哲郎さん、土居ちゃん、森どんをはじめ

この研修でたくさんの話しを聞かせてくださった皆さま 

ご飯を作ってくださった皆さま 電報を下さった総務省地域力創造担当審議官椎川忍さん

皆さまの心を受けて

私は進むと決めた道を、邁進します。 

本当に、ありがとうございました。 

閏ひさみ 

コメント(6)

2009年 11月 22日

23-26日 音信不通です。

カテゴリー 出逢い日記

皆さま こんばんは。
鹿児島もかなり冷え込んで参りました。 

さて お知らせです。 
23-26日 地域おこしの合宿に参加します。
おそらく、携帯電話やPCの電波が心もとない環境だと思います。  

ご迷惑をおかけいたしますが
26日夜以降のお返事になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 

色々な事をお勉強させてもらってきます。
皆さまもいい日々をお過ごしくださいませ。

閏ひさみ 

P.S. 
どんな状態になっているかなあ・・・ (遠い目・・・) 

コメント(2)

2009年 11月 21日

小学6年生

カテゴリー 出逢い日記

私はよく鹿児島の特産品が展示販売されている
鹿児島ブランドショップを覗きに行きます。 

事務所から歩いて4分くらいなので
行こうと思えばすぐそこなのです。 

県が主催した
かごしま新特産品2009を受賞した品々が今月いっぱい
展示されているので、今日も覗きにいきました。 


すると・・ 


いつもにない風景が・・・ 



制服姿の女子小学生が、鹿児島の特産品の前で
画板を首から提げながら、一生懸命メモを取っているのです。 

それもたった一人で。

こういう場面になると話しかけないと気がすまない私は

『こんにちは。今日は、遠足ですか?』と訊ねてみました。

その小学生は
『こんにちは 
今日は遠足でなくて、明和小学校のHPの更新用の記事を取材に来ているのです。
私は題材を鹿児島の特産品を選びました。』 
ととてもしっかりした口調で答えてくれました。 


『調べてみて、どうですか?』 

『鹿児島に住んでいるけれど
 こんなに色んな特産品があるって知りませんでした。
 かるかんとさつま揚げしか知らなかったから。
 とっても面白いです。』 

『何年生なんですか?』 

『6年生です。6年生はHPを更新して卒業なんです。』 

とのこと。 

キラキラした瞳でお話してくれました。 

この時間はきっと薩摩のチカラになる。
そう強く思うことでした。 

ひさみ 

コメント(0)

2009年 11月 15日

思いがいっぱい:かごしま産業おこしフェア2009

カテゴリー つれづれ日記

11月13-15日にかけて
かごしま産業おこしフェア2009が開催されました。


鹿児島の農林水産物・環境関連企業・独自技術関連企業
新技術新製品関連企業・伝統工芸品・特産品を
世の中に生み出している企業さんたちの展示販売がありました。


私の当初の目当ての企業は2社だったのですが
色々と興味深い取り組みをされている会社さんばかりで
午後いっぱい色んな企業の方のお話を聞かせて頂き
皆さまの思いのギューと詰まった品々を見せていただきました。


世界シェア90%の製品をお創りになった株式会社エルムの泊常務と
お話をさせていただいている時
「大企業でもうまく行っていない事について、その相談が来るときが
一番嬉しい」と笑顔でおっしゃっる姿がとても印象的でした。

ちなみに、この会社の世界ヒット商品は
『CDやDVDの読み取り面についた傷を修復する光ディスク修復装置』
日本全国のみならず、世界26カ国のレンタル屋で使われているそうです。
(す・・すごい・・!!)


お忙しい中お話を聞かせていただいた鹿児島の元気企業の皆様
ありがとうございました。


(以下に会社名を掲載させていただきます。)

株式会社エルム
(常務の笑顔にたくさん元気をいただきました。)
有限会社 クリエイトファーム
(モーツアルトを聴いている黒豚の味噌漬け、美味しかったです♪)
株式会社 幸洋
(断熱塗料だけでなく家作りへの”思い”伝わりました。優しい工務店さんですね。)


・サンコーテック株式会社
(紫外線殺菌浄水装置についてよくわかりました。丁寧な説明ありとうございました。)
林建設株式会社
(老朽化していたビルの例に出ていたのは、とてもなじみのあるビルでした。)
メイフェア三州堂テーラー
(この度の受賞、本当におめでとうございました。工房にお邪魔させていただきます。)


小田畳商会 株式会社 仙夢 様
(アイディアいっぱいの畳製品に驚かされっぱなしでした。だって洗えてしまう畳なんて・・)
山元酒造株式会社 様
(焼酎の梅酒のサワー とっても爽やかでした。 おかわり!と叫びたかったです。)
小澤人形 様
(薩摩糸びなの由来を知ることと、作り続けていらっしゃる思いを聞けてよかったです。)


ツジガラス工芸
(薩摩切子のお話をなさる時、ご夫婦で見合わされる笑顔がとても印象的でした。)
株式会社 ゼノクロス
(ひとりで飛び立つ無人の飛行機 皆さまの熱い思いを乗せていました。)
屋久杉工房 熊谷
(家に数百年の時を経たものがあったとしたらどんな気分だろう?と考えて続けています。)


株式会社 藤田ワークス
(わが故郷にこんなにすごい会社があろうとは存じませんでした。いい会社ですね の声かけに社員の方が『ハイ!』と満面の微笑みでおっしゃった時、すごい会社度がもっとあがりました。)
くずもっちゃん 様
(同じSOHOかごしま仲間として、今回の受賞はとても嬉しいものでした。
大隅半島の地域の活性化となる大きな一歩だと思っています。)


皆さま ほんとうに元気をありがとうございました。


これから、就活の方に会ったら、社長の思いに惚れるような会社に巡り合えるといいですねえ
とお話しして行こうと思っています。


ひさみ

コメント(2)

2009年 11月 15日

DVキャンペーン

カテゴリー 未分類

11月12日ー25日は
あらゆる暴力から女性と女児を守るキャンペーン 期間になっております。 

12日に、鹿児島中央駅前広場にて国際ソロプチミスト鹿児島の啓蒙活動があり
街頭キャンペーンに参加して参りました。

image315.jpg

DVキャンペーンは、紫がシンボルカラー。
キャンペーン開始と共に空に舞い上がった、クローバーの種入りの風船。
(シャッターチャンスを逃した私・・・・  アッという間に空高く♪)

The Body Shop の方々とも一緒でした。
image3121.jpg
より良い社会になるために、みんなで出来ることを少しずつ です♪

ひさみ

コメント(0)

2009年 11月 15日

時代のキーワード:連携

カテゴリー セミナー便り

10月から11月にかけて
私は地域を元気にするセミナーをたくさん受講しておりました。

10月17日 指宿 IT湯治セミナー
産学官連携事業

10月27日 農商工連携セミナー
鹿児島商工会議所

10月29日 リピート客作りで売上倍贈
鹿児島商工会議所

11月6日 魅力ある地域資源を活かした売れる新商品づくり
鹿児島商工会議所

11月6日 創業セミナー 小川景一企画制作室
鹿児島市役所 企業振興課

11月13日 二水会 ベンチャー企業3社プレゼンテーション
鹿児島産業支援センター

これらのセミナーで報告のあった数々の実例から
感じたことは

時代のキーワードは
「連携」だ という事でした。

皆が”自分発揮街道”を進む
いい時代がやってきています♪

ひさみ

コメント(0)

2009年 11月 12日

向田邦子展

カテゴリー その他 

どんな毎日にも、生きている限り
「無駄」はないと思います。
「焦り」「後悔」も、人間の貴重な栄養です。
いつの日かそれが、「無駄」にならず「こやし」になる日が、
「あか」にならず「こく」になる日が、
必ずあると思います。
真剣に暮らしてさえいればーです。

「時計なんて恐くない」『夜中の薔薇』より

f6bcdb97431cfb5c.jpg

昨日、30日までかごしま近代文学館で開催されている
生誕80周年記念特別企画展

向田邦子展 ~彼女のすべて26のキーワード~

に行ってまいりました。

冒頭のメッセ-ジに出逢うために
向田邦子さんから呼ばれて行ったような気がしました。

心から尊敬出来る、とても凛とした美しい方でした。

ひさみ

コメント(0)

2009年 11月 10日

チャレンジでござる。

カテゴリー 出逢い日記

「行政に頼らないむらづくり」を力強く形にしておられる鹿児島の大隅半島にある「やねだん」こと柳谷集落のことを、M3(マイマネーまんだら)セミナーでご紹介しております。

.

この集落は給付金よりずっと以前にボーナスが出た限界集落としても、テレビでも有名になりました。自分たちの持つ魅力をひとりひとりが発揮して、そして笑顔で繋がりあいながら、暮らしておられる集落です。
.
私、8月に鹿児島市役所内のソーホーかごしまに入居させて頂いてから、更に加速して、やっぱり誰かがやらないといけないんだろうなあ と思う分野に自分自身、無意識的に一歩一歩近づいて行っている気がしています。
.

話がバラバラですね(笑)
.

今月23日ー26日にこの「やねだん」を率いている徳重哲郎自治会長が、やねだん第6回故郷創世塾を開催されます。この土地に3泊4日缶詰になり、北海道や沖縄からお越しになる人々に、様々なことを教えてくださる塾です。

*豊重さんは、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科の公開講演会にて今年6月に講演をされたりと日本全国から引っ張りだこの方です。
.
今年の5月12日に自分で企画した”やねだん1日研修”に行ってから、あの日の夕暮れ時、あの集落で出逢った人々の笑顔が忘れられずにいます。(散歩の途中で手を振ってくれたおばあちゃんや中学生 素敵でした。)
.

さっきからウダウダと何が書きたいのかというと、体育会系と無縁の私がこの塾のお仲間に入れてもらってきます と決めたという話です。
.

そう決めて申し込みをして数週間ですが、面白いもので、豊重さんを昔からよく知っているよという活力溢れるお兄様方に、最近次々お目にかかる機会がございます。創世塾行きますと伝えると皆さま、とても励ましてくださいます。
.

こういうものに上手く出来た出来ないという世界は存在しないとNLPの学びの中で知っておりますが、なんだかワクワクドキドキだけでない感情を感じております。
.

前向きな勇気を持ち続けられますように・・♪

ひさみ

コメント(2)

2009年 11月 10日

柿餡

カテゴリー 未分類

先日、和風喫茶でブランディングについて考えたことを書きますね。

その日私はお抹茶を欲していました。とある和風喫茶に気の合う友人・果甫さんと入り、生和菓子をチョイス出来るお抹茶セットをオーダーしました。その後お店の方が本日の生和菓子を6種類ほどトレイに乗せて持ってこられました。

その時、あるひとつの和菓子を指差し、「こちら、今の季節にぴったりの柿餡でございます。」と言葉を添えられました。

それは私の中からスーと迷いが消えた瞬間でした。
「柿餡、お願いします♪」

kakiann.jpg
柿餡の和菓子を頬張りながら

これって、上手く情報発信できたケースだなあ
やっぱり自分の魅力は自分で言葉にしなきゃいけないなあ・・・

とブランディングの基本を果甫さんと話しておりました。

だって、見た目だけでは”今の季節にぴったりの柿餡”だとは、知ってもらえないわけだから、自分で自分は柿餡だと情報を伝えないと選ばれるキッカケがないわけですから。そしてもし柿餡の和菓子が、もっと聞こえが良いかもと鶯餡だと名乗ってしまっては、本末転倒なわけですもの。

と本当に当たり前で仕方がない事を何度も何度も考えておりました。やっぱり、自分の魅力をありのまま表現するってとても大切だ と思ったとある日の午後でした。

ひさみ

コメント(0)

2009年 11月 06日

地元・鹿児島で起こっていることを見つめています。

カテゴリー つれづれ日記

今、ただただモクモクと
地元・鹿児島を見つめています。

今の私に、確実に見えていることは
人がとても元気だという事。

先日、開催されていた
青年会議所主催の女性向け創業塾には
38名もの熱い気持ちを持った女性たちが集まったそうですし
また
鹿児島産にこだわったネットショッピングモール
「ねこのて商店街」の社長は
28歳の鹿児島をこよなく愛しているよかにせさん(ハンサム青年の意味♪)で、
鹿児島に関する皆さまのお力になれれば ととても誠実にお仕事をされているし

子育てママのあったらいいなにお応えして
わがママイタリアン「ハッピーダイニング」という
子育てママにゆっくりご飯を食べてもらおう という優しい気持ちを
カタチにしたお店が7日にオープンするし
農商工連携・産学官連携など
得意分野を伸ばして、互いに手を取り合って発展して行こう!
という動きを支える方・使われる方もたくさんいらっしゃるし

またまた
龍全NLPトレーナーによるNLPプラクティショナーコースに
ご参加されて、自分磨きをなさっている方々は
県内各地から集合さなっていて、元気いっぱい・夢いっぱいだし
8日に開催されるオーガニックフェスタでは
”当たり前の食”とそれを支える様々な分野の人々が
力強くひとつのメッセージを伝えようとしているし

それぞれの現場で、
人が人を元気にする色とりどりのメッセージを発信しています。
5日のケンミンショーで、鹿児島が特集されていて
それを見たあるタレントさんが
「鹿児島に住んでみたい♪」と声を上げておられました。
”2人先はよく知っている人”という
人と人がとても近い状態にある鹿児島が
とても頼もしく感じられています。
ひさみ

P.S. 明日は、地域ブランドの勉強に行ってきます。

コメント(3)