アーカイブ 「出逢い日記」

2016年 3月 23日

いくつになっても自分を信じて歩む姿は美しい。

カテゴリー 出逢い日記

「先生 ブログ読んでいます」と
言われて恥ずかしいくらい更新をしていなかったこちらのブログ
今日は書きますよ。

だって だって だって
そう言われて、とっても嬉しかったんですもの。

そう言われたのは
介護職初任者研修を行っておられる有限会社ウェルフェアさんの
卒業生との交流会の場でした。

今まで、3年間で150名を超える方が卒業されていて
私は3ヶ月間の研修の初日とちょうど真ん中の日に講師として
関わらせていただいています。

初日は、初対面の皆様を学びのクラスメイトに変身してもらう3時間で
真ん中の日は、自己理解を深めながらのコミュニケーションスキルトレーニング6時間です。

たまに道や電車の中ですれ違ったり見かけたりして
お顔を拝見することはありますが
なかなかお目にかかれない皆さんとの再会の時間でした。

ーー

1分間スピーチで
卒業してから今までのご自分の生活の中で
どう過ごされているかをほんの少しだけ
垣間見ることができました。

私がお目にかかった頃は
全く介護の仕事は未知の世界で
来週からの現場実習で緊張しています状態だったのですが

その夜の皆さんは(ほとんどの方が介護関連のお仕事に就いておられて)
看取りまでも経験されていたり
自分の中の介護観と現実のギャップを埋める努力をされていたり
介護の仕事の中で発見した素晴らしさを語って下さったり
とにかく逞しくなっておられました。

自分が切り開いた道を
自分の足でしっかり踏んで歩みを進めておられる姿が
美しく眩しかったです。

皆さん、ウェルフェアさんで学べてよかったって
おっしゃっていましたよ 新地社長!

10153927_962744127135553_4339440028632145908_n

皆さんのお話の端々に
介護職・医療職の方がなりがちなのですが
優しい心に従って相手に寄り添ってしまうばかりに
自分を見失って自分が苦しくなる状態に陥っている様子が見受けられました。

1年の学びの末、昨年末に認定をいただいた
マインドフルネスNLPの手法で
「状態管理」を愉しい方法でトレーニングする機会を作ります。
もう少し待っていてね。

ひさみ

コメント(0)

2015年 8月 14日

決める 

カテゴリー 出逢い日記

11822653_913866862005738_378135770772798544_n

 

“あなたが信じるものを
誰かに決めさせてはいけないわ”

SKYWARD・2015年7月号 p.63 西加奈子特殊記事より

ーー

7月に東京に行ったときのJALの機内誌に
小説家・に西加奈子さんの特集があった。

その中に
彼女の小説『サラバ!』の中の登場人物
貴子が語った言葉として紹介されていた。

ーー
昨日は、午後いっぱい
クライアントさんの”自分の世界を”表現する方法を
構築するためのお手伝いをしていて

そして
昨夜お風呂にザブンと浸かったときに
ふと思い出した言葉。

自分が信じるものを
誰かに決めてもらってばかりいても
それを優先させる生き方ばかりしていても
人は”幸せ”な人生は送れると思う。

でも・・ と言いたい気持ち。

私は飛行機の中で
この言葉に出逢い

何かがズシンと腹に響き
窓の向こうの青空を見ながら
涙を滲ませてしまった。

お陰様で
自分が信じるものを
自分で決められる環境を頂いている現実。
感謝が溢れた。

ーー

昨日、午後いっぱい
自分が信じる世界に向き合ったクライアントさんは
とても輝いておられましたの。

未来に種まきをする姿は
頼もしさを感じさせてくれました。

あなたが信じると決めた世界は
きっと誰かが求めている世界。

357e40a92a488605e422bf763adf3b6c-480x320

急がず
焦らず
近道せず (← これは、やねだんの教え!)

じっくり向き合っていこうね。
ひさみ

 

コメント(0)

2015年 5月 19日

記念撮影付き職業訓練クラス♪ 

20150422shoninshakenshu

20150422shohinnshakenshu2
昨日は
もうかれこれ5年くらいご縁をいただいている
職業訓練のコミュニケーション講座の一日でした。

この春の介護職員初任者研修クラスの皆さんと
一日の最後に、生徒さんからの発案で
記念撮影をしていただきました。

昨日のテーマは
自己理解を深めながら
自分の持てるコミュニケーション力を
仲間とあれこれチャレンジしながら伸ばす一日です。

基本的にそんなに教えるものは無く
自分の中に育むことを目的としています。

なので
自分の体で感じたことを、意識に上らせ言葉にし
シェアし、更に色んな人の意見を知っていきながら
自分の頭で考え実行するトレーニングを行います。

6時間 色々と体験しました。

1、コミュニケーションのベースを承認と感謝にした場合の
対話(聴く・話す)の体験

2.パーソナルスペースと名づけられているものの体験と
それを介護の現場で対人支援者としてどう活かすのか?
をみんなで考える

3.更なる聴く・話すの体験を通じ
聴く力とは何かを探求し、シェアし更に深める

4.自分の状態を整える具体的な方法
ストレスリリース体操 と 今ここに集中した心の状態の創造(鼻の瞑想♪)トレーニング

5.人が心を開いてくれる状態の条件
息を合わせる、息を合わせてもらう体験と感覚の共有
(いい男の共通のスキル紹介♪)

6.人の取る行動の真の意図にたどりつく質問の練習

上手くできたとか、上手くできないとか
そんなことが大事なんじゃなくて

このテーマを今みんなと一緒にどれだけ深めて行けるかに
真摯に向き合ってくれて、
気になるクラスメートに自ら気遣いの声かけをしたり
今、体験したことを休み時間に応用してみて
自分の持てる感覚を全開にして楽しむ姿勢を見せてくれる
その在り方自体が大事です。

それが、今、ネクストステージに進もうとしている
彼らの将来にわたっての力になってくれると
私は信じています。

介護現場の先輩たちが
皆さんのデビューを心待ちにしています。

矛盾だらけ、規制だらけで一筋縄で行かない世界で
人が最後まで幸せを感じてもらうための愛を表現するために
あれこれ知恵を絞り、手を動かしていらっしゃいます。

不安はあって当たり前ですよ。
だって、初めてのことですもん。
人の生存本能的には、かなりチャレンジを要することですもの。

でも、もうすでに感じ始めている
自分の心がそれを欲しているその感覚を感じながら
そのベクトルにしたがっていってください。

応援していますぞ!!

ひさみ

 

 

コメント(0)

2014年 9月 26日

金子稚子さんご来鹿♪ 

カテゴリー 出逢い日記

昨年、
白石いづみさんの講演劇を東京で開催した際に
ご縁を頂いた金子稚子(かねこわかこ)さんが
鹿児島で講演会があるということでお越しになられました。

10414897_752513794807713_1887876774757276461_n
※ 前日に黒さつま鶏を召し上がっていただきました。

金子稚子さんは
流通ジャーナリストの故・金子哲雄さんの奥様です。

翌日の講演会にも参加させてもらったのですが
「死」というものとわたし達人間はどういう風に付き合えばいいのか
のヒントが、たくさん盛り込まれた講演会でした。

真正面で寄り添ってきた人の(日本語おかしいけど この表現しかないのです)
実感のこもった言葉たちは、存在感を伴って心に届きました。

ターミナル期というものの過ごし方に
目から鱗の講演会でした。

そこで

あー 行きたかった と思われた方へ朗報です♪

10月18日にも稚子さんの講演が聴けるチャンスが
鹿児島であります。

第5回九州在宅医療推進フォーラムin鹿児島
テーマ
医療と介護の連携
日時 10月18-19日
場所 鹿児島県医師会館
詳細のPDFはこちらです

稚子さんの時間は 18日17時~18時30分
演題は「死ぬことと、生きることは同じ」です。

ぜひ ぜひ!

ーー

白石いづみさんHP 

金子稚子さん活動HP


ひさみ

 

コメント(0)

2014年 8月 10日

LOVING SPEECH  DEEP LISTENING プラムヴィレッジからのメッセージ

先週6日に来月9月6日からスタートする
龍全NLPトレーナーの鹿児島でのコース
マインドフルネスNLPプラクティショナー鹿児島8期の
説明会を開催しました。

そのために鹿児島にいらした
龍全さんはヨーロッパ帰りでした。
(自宅に帰るより前に鹿児島に来てくださいました。)

それも3週間の南フランスのプラムヴィレッジで
ティク・ナット・ハン師のもとでリトリートを終えての龍全さんでした。

ものすごくすっきりと(いつもに増して)にこやかにおられました。

来年5月に日本に来られるティクナットハン師を
受け入れ側でお呼びする方が、東京での龍全さんのコースの参加者の方で
その方も今回渡仏されリトリートを受けられたのですが
来年に向けての打合せも同席されたということで
とても幸せそうでした。
(一人のサラリーマンの呼びかけで、
マイケルジャクソンが日本にやって来るくらいのすごいことなんですって!)

「プラム・ビレッジのエッセンスを教えてください。」と言ったら
タイトルの言葉を教えてくれました。

LOVING SPEECH (愛ある言葉を伝える)
DEEP LISTENING (深く聴く)
愛と調和を持って人とともに働く こと

(もう懐かしさいっぱいの目でした。)

それを存分に体感され
美しさを味あわれたそうです。

シンプルに考えれば
自分以外の人がいれば普通にできる事です。

でも それが難しいと一方が思ってしまったら
絶対に為し得られないことです。

そこに今、人はチャレンジをしているわけかぁ~と
感じました。

そんなエッセンスがいっぱい詰まった
さらにバージョンアップした9月6日スタートのコースが
楽しみで楽しみでなりません♪

ひさみ

※ ティク・ナット・ハン師来日の2015年春のご案内
http://www.windofsmile.com/ 大類さん 応援していますよ!

=== ===

菊池龍全トレーナーの
いのちを耀かすマインドフルネスNLPコース  鹿児島8期 9月6日開講
詳しくは → http://nlpcoaching.jp/seminer.html

コース説明会in鹿児島 ← ラスト説明会
9月2日 (火) 18時45分~
詳しくは →  http://www.nlpcoaching.jp/cn19/em.html 

コメント(0)

2014年 8月 05日

感情移入先の変遷で感じる時間の流れ 

カテゴリー 出逢い日記

身近なナイスガイが
最近改めて伊集院静さんにはまっておられまして
色々と話を聞く機会が多くなっております。

この方、私も大人を感じさせてくれる存在として
若い頃から大好きな方であり

その影響で古い本棚から
伊集院静作品をひっぱり出して読み始めたところです。

自分で何かお仕事しようと思い始める前は
小説しか興味ない私でしたので、色々と偏ってストックがあるのです。

そして、今朝から、
ずーと昔10数年前に買っていた小説「白秋」を
読み返しています。

41GDYFBH69L._SS500_

・・ ・・  ・・

最近のお仕事で一つ形になったので
久々の投稿でもありますので
それもご紹介したいと思います。

今年から始まった(始める流れになっていってしまった!)
対談をしてインタビュー記事を書くお仕事
Talking BAR 103 (とーきんぐばー いちまるさん)
長いこと時間がかかったのですが、やっと先月末出来上がり
3人目のお話がアップし始められました。

前も書きましたが
相手の方に書きあがった記事を読んでもらう時の
ドキドキ感は、何度目であっても慣れないものでございまして
なんだか背中が丸まってしまうのですよねえ・・

(皆さま、お優しい方で訂正箇所も優しく伝えてくださるので
助かっております。)

そして、3人目のゲストは
鹿児島を拠点に素材と手縫いにこだわっている
レザーブランドRHYTHM(リズム)の飯伏正一郎さんでした。

「いちいちカッコいい」と言われている方の話は
私も世界が広がり、とても楽しいお仕事となりました。

今日で、まだまだ途中ですが
第8話までアップされております。
お昼休みのひと時などに是非お訪ねくださいませ。

Talking BAR 103 x RHYTHM 
http://fp103asobi.com/home/?p=992

TalkingBAR103

・・ ・・ ・・

で 「白秋」なんですけどね

昔読んだときは
お花を生ける20代の女性になって
この小説の世界に入っていたのですが

今回発見したのは

なんと
78歳のお花の先生の言葉に
深く共感して
だよね だよね って読みふけっているのです。

うむっ

確実に時は流れています。 うむっ

でも、もう少し間があってもいいのではないかしら?
と自問中です。

うむっ

ひさみ

Talking BAR 103

 

=== ===

菊池龍全トレーナーの
いのちを耀かすマインドフルネスNLPコース  鹿児島8期 9月6日開講
詳しくは → http://nlpcoaching.jp/seminer.html

コース説明会in鹿児島
8月6日 (水)  9月2日 (火) 18時45分~
詳しくは →  http://www.nlpcoaching.jp/cn19/em.html 

コメント(0)

2014年 6月 14日

Talking BAR103(トーキングバーいちまるさん)

カテゴリー 出逢い日記

”お試し”されてます

この春から

宇宙からなのか
ここの事務所のリーダーからなのかはさておき
”お試し”されて今までやったことない
お仕事を頂きました。

それは
対談をして、そしてインタビュー記事を書く
というお仕事です。

・・

村上龍さんのRYU’s BAR とか
SUNTORYのAVANTI とか
聴いてきた世代なので

そして、
どちらも大好きで大好きでたまらなかった話をして
盛り上がったからなのか
あっという間に話がまとまってしまった ^^;

チャレンジは嬉しいけれど
未知の世界はワクワクと大丈夫かなのマーブルな感じの心境で
まっ とりあえずやってみまひょ!

と 手をつけ始めました。
(ひっとべ~ ですな!)

作業の途中のことをあれこれ書いたら
もうそれだけで一晩もかかりそうなので
全部、はしょりますが

t_alcohol_a05めでたいことに!

2014年6月現在で
お二人の方のお話がアップできています。
(ふぅ~ 読み返せば読み返すほどふぅ~ですが・・)

皆さまからのお声がなにより励みでございます。

そろそろ自分のブログにも書こうかなという気になってきたので
こちらでご縁のある方にご紹介させてもらいますね。

ホント
カッコいい人たちばかりです♪

ーー

FP事務所103 Presents
Talking BAR 103

株式会社ユニティ 濱田桂太郎さんインタビュー 全3回

The アジャストメント かんぜさん インタビュー 全7回 

どうぞ お飲み物片手にお楽しみください♪

11002052635

ひさみ

コメント(0)

2013年 5月 16日

白石いづみさん 南日本新聞フェリアに!

おはようございます。

2013年5月18日号のフェリア
(南日本新聞の別冊情報誌、発行部数約25万部)に
白石いづみさんの記事が一面に掲載されました。

illust4693_thumb
CCF20130516_00000
彼女とはお仕事面でもプライベートでも垣根なく仲良くしてもらっています。

そんな人の活躍を、こういう形で目にすることができるのは
本当に嬉しいことだなあと思っています。

彼女の講演劇のエッセンスを活用して
いのち、生きること、仕事について対話し、
自分の信念を練り上げるワークショップ
「いのちの講演劇ワークショップ」も今年の新プログラムとして進行しています。

昨日はストレスセルフケア講座開催で嬉しく
今日はこのニュースで、これまた嬉しい朝を迎えています。

宇宙の大いなる流れに深く感謝して
今日も一日過ごして参ります♪

ひさみ

---------------------------------

龍全NLPプラクティショナーコース 6月開講 鹿児島7期受付中
詳細はこちらをご覧ください。

コメント(0)

2013年 4月 22日

「永遠の0」を読んで

カテゴリー 出逢い日記

先日、新作の「海賊と呼ばれた男」で本屋大賞を受賞された
百田尚樹氏の講演会が鹿児島で開催されました。

それに伴って、今年の夏に映画化される「永遠の0」を
読みました。読み出したら止まらずに、4時までかかって
読み上げてしまいました。

41kh+m7viwL._SL500_AA300_
今を生きている という事実に、新しい解釈をくれるだけでなく
自分が今ここに生きている ということにも、先人たちが指針を
くださるそんな小説でした。

海軍の神風特攻隊の一人の男が主に語られている存在で、
鹿児島の航空基地が登場する場面がたくさんあり、
私の故郷である国分も何度も出てきました。

様々な分野で制度疲弊している今の時代に、生まれ出る必要の
あった作品です。
・・ ここまで書いて この作品のこと、私、語りきれないなあ と
確信してしまっています。

だから 読んだ方がいい人をあげておきます。
◇ 鹿児島関係の方
◇ 神風特攻隊をテロリストだと信じている方
◇ 結婚・夫婦についてもっと理解を深めたい方
◇ ニートの方
◇ 戦争について見解を深めたい方
◇ 自分が誰か知りたい方
◇ 戦争に行ったおじいちゃんを持つ方
◇ 戦争に行かなかったおじいちゃんを持つ方
◇ おじいちゃんがどんな人か知らない方
当てはまる方、お読みになってください。
是非ではなく、絶対に と言いたい作品です。

ひさみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いのちを耀かやす龍全NLPプラクティショナーコース 鹿児島7期 6月8日開講
今のままで歳をとり続けたくない方に、ご紹介したい学びです。

コメント(0)

2013年 4月 06日

酒ずし~薩摩の郷土料理~ 

カテゴリー 出逢い日記

綺麗ですよね♪

これは、薩摩の郷土料理で”酒ずし”といいます。

2013040419420000
先日、本格的な酒ずしを初めていただく機会を得ました。
鹿児島に住んでいても、今までなかなか巡りあえなかった酒ずしでした。

今回、作ってくださった方からお話を聴いて
それじゃあ なかなか巡りあえないわけだ と思いました。

お作り下さったのは、酒ずしを作って43年という素敵なマダム Y様です。
お誘いいただいたのは志布志の焼酎の蔵で丸西酒造の奥様からで
Y様とはとても仲の良いお友だちだそうです。

陽気なお二人にまた会いたくて、
誘われるままに焼酎の会にお邪魔しました。

この酒ずし、準備を含めて3日間は時間を費やすそうです。

春のお料理なので、
この時期になるとY様は中央駅の朝市に毎年お出かけになり
材料をそろえ、下ごしらえをして と気持ちをこめてお作りになるとのこと。
そして、朝市では毎年来られるので Y様がくると春が来る と言われているそうな♪

こんな風に心をこめて時間をかけてお料理をつくることは
滅多にありません。 ありがたいなあ と思いながらいただきました。

ふんわりと柔らかいお酒の風味がたっぷり感じられる
Y様の手で作り出される春のお料理”酒ずし” を
丸西酒造の”むかしむかし”という柔らかい焼酎と
なかなかお目にかかれないナイスガイな皆さまとのお話
思う存分堪能させていただきました。

感謝いっぱいの夜でした。

ひさみ

”むかしむかし”が買えるお店 酒舗かごしま屋
酒ずしについて

コメント(0)

Next »