アーカイブ 「cosmic-vision」

2015年 7月 24日

ネクストステージですね 

カテゴリー cosmic-vision

昨日の夕焼けはそれはそれは綺麗でした。

”お月様”と”時間”について学びたいという方のために
プライベート講座を開いた夕方の夕焼け。

30分弱、空の映りゆく姿を、受講生と
のんびりと、そして盛り上がりながら眺めておりました。

宇宙が、先生。
受講生と私、先生の姿に魅了される生きもの。

そんな時間を過ごしました。

ーー

人は行き詰ると海を見に行ったり、
山に出かけたり
自然と自然に触れに行くものですね。

そこにはきっと
人間の世界では、見落としてしまいがちな
とても本質的なメッセージと出会える機会だと
自然と知っている生き物だからなのでしょうね。

img_1
ーー


受講生からの講座後のご感想です。

感じるままに書きます。
セミナーを受ける前は、とてもきゅうくつな感じでしたが、空のこと、太陽のこと
地球のこと、月のこと、話しをきいて感じることで、なんだかあったかい感じに
変わりました。
毎日をもっと感じる。 感じる自分になりました ^0^ 
ありがとうございました!! 

ーー

人が行き詰っている状態の特徴は

次の展開を促す方法が、自分の中に見当たらなくなっている時
次の展開を促す方法を、その選択肢を増やせなくなっている時

それを打破するのに
太陽や月の視点や振る舞いを
その状況に取りいれてみるという方法はとても役立ちます。
そして
それが自然にできる人に自ら進化できていったら
もうお抱えコーチなんかは要らないのです(笑)

コーチの役目は
凝り固まった視点を変えるように促すこと
自由自在な時間軸で物事を考えるように促すこと
動きを生み出すエネルギー源をより満たされるところに繋ぎ変えること

宇宙がコーチであれば、これ以上素敵なことはないのです。

ーー 

感じる力を 我が物にして
ネクストステージに向かわれる姿
愛おしくてたまりませんでした。

時間を味方にする生き方 伝わったようでした。

素敵に変容される時間をご一緒できて
本当に嬉しい時間でした。

ありがとうございました。

ひさみ

コメント(0)

2015年 1月 03日

語り合えるという”奇跡” 

カテゴリー cosmic-vision

2015年のお正月は
あっさりと明るく新年のご挨拶ができない
心の状態で迎えております。

だから
新年のご挨拶省かせていただきます。
ごめんなさい。
1月1日が友人のお通夜で
翌日が告別式でした。

 

48歳で愛娘2人と奥様をのこして
旅立ちました。
多分、本人のスケジュールにも全く入っていない
出来事だったことでしょう。

人間、号泣すると
芯から疲れるのですね。

20代は本当によく一緒に遊びに行っていて
大勢の友達たちと大いに笑って、宴を催したり、歌を歌ったりと
彼とは楽しい思い出しかありません。

 

彼に最愛の奥様が出来てから
忙しくなった彼を
私たちの集まりに呼ぶのも悪いかな と
気を回したりしていたことで
ここ20年弱の間
少し疎遠になった感じがあって

二アミスはあるけれど
以前みたいに時間を気にすることなく
会える機会はなかなか無くなってしまって

その間に
かつての遊び友達のことを知らない
彼の子どもさんたちも
高校生・中学生と大きくなっていました。

今日は昔のアルバムの中の写真を
紐解いていました。
変わらぬ笑顔でおさまっている彼が
とても眩しいです。

 

語り合えるという”奇跡”のすごさを
私の身に染み込ませて
そして、少しの後悔の念を握らせたまま
彼はこの世を後にしました。


私はきっとこの事から
もっと彼からのいのちをかけたメッセージを
受け取ることになっていくと思います。

この新しい周回のはじめに
言葉にできない大事な投げかけをもらいました。

ひさみ

 

コメント(0)

2014年 4月 05日

桜吹雪の中で 

カテゴリー cosmic-vision

sakura1

いつまでも許さないという
心の状態の選択が
本当に本当にいいのなら
それはそれで尊重します。
けれど
風に誘われるまま
花びらをハラハラと落す
桜の木を見ていると

しがみつくという行為は
人間特有のものなのかしら
と思ったりしています。

 
その経験から
その時の自分が懸命に感じて学んで
芽吹かせた若葉を
無いものとして無視し
次々としゃかりきに摘み取るような
そんな乱暴な行為のように思えます。

少しだけ、心をほぐして
そこに流し込んでいるエネルギーを
少なめにしてみたら

次に準備されている若葉に
芯が入りだし
新緑の季節が進み出し

さらには
若葉をわんさか繁らせて
これから出逢う人に
木陰をつくってあげられることもできる
そんな季節も広がっているなあ

と感じさせてくれた
桜の木に出逢いました。

ひさみ

 

コメント(0)

2014年 4月 05日

Cosmic-visionで生きる友を確認する=コーチング

カテゴリー cosmic-vision

今日は二十四節気では
「清明(せいめい)」という約二週間の季節の始まりです。

万物に清らかな気が満ち満ちて
生命力が明るく輝くときといいましょうかね。

本当に地球の景色が美しい頃です。

picture 005
先日依頼がありとあるコーチングセッションをしました。

この方は、ご本人もコーチなのですが(有難いですね)
本当に時折ご依頼をくださいます。

「閏さんにセッションしてもらうのは、
本当に変化を起こしたいことに対して、
自分自身では対応が無理とちょっと途方にくれた、
でも、自分にとって、とっても肝心な時なんです」

とセッションのはじめに言っておられました。

「プレッシャーだなあ」 と笑うと
「もう後がないと切羽詰ってますから、よろしくお願いします」
と更にプレッシャーを与えられました。

ありがたいですね (苦笑)
本当に私の方が励まされる言葉です

ーー

違いを創る違いに重きを置く
NLPを学んでおりますので
せっかく頂けたこの言葉を深く考えてみました。

「他のコーチと違うことを
もししているとしたら、どんな要素があるだろう?」 と

私は、コーチングセッションを行うとき
その方が、Cosmic-visionを持って生きている様子を
イメージしながら、湧き出てくる質問します。

その方がおっしゃる言葉や様子から
Cosmic-vision=宇宙の視点を持って
この地球で発揮しているかどうか それを感じます。

そうすると
どこがその様子と離れている言動かが
感じられやすいからです。

kikaijimayuuhi
Cosmic-vision で生きるというのは
どんなことなのか?をもう少しイメージしてもらうために

中村天風先生が書いておられたものを使って
わたしなりに解釈して書いてみました。

「人間はそれそのものは小さな生き物にすぎないが
万物の霊長という役割を担っている生き物だ。
その役割を果たすために
自分の大きさを遥かに越えた宇宙にまで思いを巡らせられ、
ありありと実感できる想像力と備えている生き物である。」

というイメージです。

それを忘れて
自分=小さな生き物というところにだけ
フォーカスが向いているとき
人の表情は固くなり、背中は曲がり、思考が内向きで且つ、
自分にも他人にも責める口調になります。

私は隣にいて
万物の霊長たる様子を
心にも体にも表情にも取り戻してもらうために
役立ちそうなことを、訊ねてみるだけなのです。

ーーー

そんなことを ぽつぽつ質問しているうちに
あれこれ変化が引き起こり、ふたりで盛り上がり
気づけば、3時間が経過していました。

Cosmic-visionを持って生きる仲間が増えた日となりました。

私にとってコーチングというのは
そういう時間です。

ひさみ

ーーーーー

コメント(0)

2013年 10月 07日

Cosmic-visionに目覚める  

カテゴリー cosmic-vision

今日は、空に近い場所で
”感宇宙・楽地球~お月様~講座”を開講しました。

121001
遠くに台風の足音がする空模様でしたが
それもまた、感宇宙・楽地球をより意識する材料となってくれました。 

Cosmic-visionに目覚めた方たちから
よく頂く言葉が
「私も地球上の生き物でした」
「時間の感覚が大きく変わりました」
「移り変わりの中にいることがよくわかりました」
「これから、宇宙の流れに乗れそうです」
というものがありますが
今回のご参加者の方もそのようなことを伝えてくださいました。

今日は長月三日・三日月です。
これから、十二日間ほどお月様は満ちる流れの中にあります。  

この流れを感じながら
毎日、空を見上げてくださることと思います。 


今日の出逢いにも感謝して♪  

ひさみ 


コメント(0)

2013年 6月 14日

シンプルに シンプルに 

カテゴリー cosmic-vision,組織向け


〔シンプルに シンプルに〕


地球が他の星のことを優先に考えて
歩みを止めたり、方向を変えていたら
どんなにその上で生きている人たちの
リズムが崩れてしまうのだろう

simple
自分の心の声を知っているのに
相手の気持ちを聞かないまま、
相手のことを妄想して
自分の歩みを止めたり、
方向を違えたりすることは

誰の心も喜ぶことはないだろう

なんとなく窮屈な気持ちを抱えたとき
唱える呪文

「シンプルに シンプルに」

ひさみ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


受付中の講座・講演会
薬を使わない精神科医みやじっち鹿児島講演会
7月6日(土)@県民交流センター

ストレスセルフケア講座鹿児島3期~自分を育む3ヶ月~
8月開講

コメント(0)

2013年 5月 10日

卯月の新月 

カテゴリー cosmic-vision

こんにちは

卯月の新月は、曇り空となりましたね。

新月に願い事をピンクの紙に2個から10個書くと
満月に叶う という新月のアファメーションということも
知られるようになり久しくなりました。

なぜ そういうのか 私なりの解釈をお伝えしたいと思います。

新月の状態ってどんな状態がわかりますか?
もっというと、月と太陽と地球の三つの星たちが
どんな状態にあると思いますか?

新月の日は
地球・月・太陽 という並びで一直線に並ぶ日です。

新月は、地球上からは見えない月(厳密には見え難くなっている月) です。

じゃあ 満月の状態は?

月・地球・太陽という並びで一直線に並ぶ日です。

どちらにしても、地球は引っ張られる力が強くかかる日で
海の水は大きく満ちて、大きく引き
大地までもが数センチ引っ張られていると言います。

私は、新月は見えなくても在る を感じる日と思っています。

今、見えなくても在る あなたの願い

それを信じて、最適な言葉をあてがって、そしてその実現を願う日です。

新月から大体14から15日ほどで
地球上の人には、まん丸の月が見える日 満月の時期を迎えます。

それまでの道のりは
着実に着実に、毎日毎日見える幅が広くなり、まん丸に近づいていく道のりです。

私は、時が満ちるという感覚を、地球人に教えてくれる存在だと思っています。

物事は時が満ちたとき、すっかり姿をあらわします。

それまでは、人は、時が満ちることを信じて
願いを胸に動く のみ です。

だから、新月に自分の中にある願いに意識を向けて
言葉をつむぐという時間をとることは
この満ちる流れに自分の願いを乗せるということだと思っています。

ピンクの紙に2から10個も願いでなければいけないかどうかは、
ちょっと私には分かりませんが
自分の願いに意識を向けて、言葉を紡ぐことは
すごく大切なことのような気がしています。

以上 新月に寄せて 私の思うことです。

ひさみ

コメント(0)